2011-06-08

uhitokiyosue: Les Rendez-vous de Tokyo


Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

uhitokiyosue: Les Rendez-vous de Tokyo
[arigato Inc.]



01. Noise 01
02. Motion 02
03. Motion 03
04. Slow Movement 04
05. Motion 05
06. Slow Movement 06
07. Slow Movement 07
08. Motion 08
09. Motion 09
10. Motion 10
11. Motion 11
12. Slow Movement 12

Taku Tajima: Guitar
Shoko Mochiyama: Wurlitzer, Piano
Yuji Kawamoto: Bass
uhitokiyosue: max/msp...

坂本龍一「なぜか何度も聴きたくなります。なぜだろう?」

Les Rendez-vous de Tokyo
西麻布のフレンチレストラン『Les Rendez-vous de Tokyo』開店2周年を記念した音源。
タイトルは店名と同じ『Les Rendez-vous de Tokyo』。ひとことでいうと、恋をしたくなる(?)アルバムです。
お店のなまえは、エリック・ロメールの『パリのランデブー(Les Rendez-vous de Paris)』にちなみました。
“Rendez-vous”ということばは、「待ち合わせ」とか「デート」という意味のフランス語。
「別の軌道を持つ宇宙船同士が宇宙空間で接近すること」を表す宇宙航空用語でもあります。
カップルや友だちが集い、知らない同士が最接近するような場所になれればいいなと名付けました。
もちろんロメールの、あの恋愛コメディも大好き。
そんなお店のサウンドトラックです。
といっても、既存のおしゃれサウンドの詰め合わせではありません。
すべてuhitokiyosueさんによるオリジナル。
2月と3月の3日間、『Les Rendez-vous de Tokyo』でライブレコーディングされた12曲です。
ここに、映画のラブシーンに流れるような甘いメロディーはありません。ノイジーで抽象的な音の連なり。
そんな心を奪わない音楽だから、むしろ、目の前のお皿とワインとステキな誰かに目を向けられる――。
耳を澄ませば、お皿やグラスのカチャカチャという音。居合わせた人たちのざわめき。
お店でも流してます。でも、音楽が流れていることを意識させません。
逆に、部屋でひとりで聴くと、そこに人の営みを感じてしまいます。
“フレンチっぽいかわいさ”を期待されると困りますが、とても居心地のいいアルバムになりました。
(猪飼綾乃 『Les Rendez-vous de Tokyo』owner / arigato Inc. CEO)

uhitokiyosue
シカゴ音楽院にてPatricia Moreheadに作曲を、バークリー音楽院にてCsoundで知られるRichard Boulangerに音響合成を学ぶ。
シカゴ、ニューヨーク、マイアミなどを拠点に活動。
ラップトップ・アーティストとしてTV PowやJason Solidayと共演するほか、レコーディング・エンジニアとしてBlack SheepやToday's My Spaceout Dayの録音/ミックスを手がける。
また「ポスト・ケージアン」を自称し、現代におけるプロセスとしての作曲を実践。ソフトウェア作品も多数。2003年より、Koutarou Fukuiとオンラインレーベル、on;(do)を運営。Jake ElliottやAram Sheltonなどの作品を意欲的にリリースを続ける。
抽象音楽のみならず、HIPHOPにも造詣が深く、Meswy、Mick Bolgardなどの海外アーティストのリミックスも多く手がけている。

Ryuichi Sakamoto "The music gives me an urge to listen to it over and over again. I wonder why..."

Les Rendez-vous de Tokyo”, a french restaurant in Nishi-Azabu, Tokyo, proudly announces a CD release in celebration of its second anniversary, titled as the same as the restaurant, “Les Rendes-Vous de Tokyo”. The music is not a compilation of smooth music, which is what you expect of a restaurant CD. Instead, the music is composed and compiled by uhitokiyosue from the live-recordings that were held in the restaurant. There are no melodies that you would hear in romantic movies, but series of soft, abstract sounds, which will not take away your mind from the food and wine.

“All you need is rendez-vous, i.e. I live my life always appreciating the encounters with people that I am blessed with. I used to be a high-school girl who would spend hours in a cafe day-dreaming. The dream I had back then was to one day start a salon where wonderful people gather in. Fifteen years have past, with many encounters with good people and now my dream has come true. Now many people come to my restaurant, bringing their stories to each table each day. For them I make the place, I light the overhead lamp, wash dishes, prepare food and select wine. and then I thought it would be an idea to have the own music for the restaurant. Now that I release this CD, I hope that this will bring many new encounters to me.”
(ayano ikai ("Les Rendez-vous de Tokyo" owner / arigato Inc. CEO))

cf.
sage and ryuichi koike: Les Rendez-vous de Tokyo 20120606
toshiyuki yasuda, izumi kawamura, les chouquettes: Les Rendez-vous de Tokyo 20130606
tomohiro naito: Playing Bach - Les Rendez-vous de Tokyo 20140606