2017-04-07

Coupie: Trajno Fenestro〜車窓



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Coupie: Trajno Fenestro〜車窓
[ryoondo-tea DES046]


(exclusive)

1. Trajno Fenestro〜車窓 Trajno Fenestro
2. Kunsidoj de Rekomenco~再起動 Kunsidoj de Rekomenco


Coupie:
2008年、仙台在住のcobiと石巻在住のyukkiにより結成。 ギターを中心に、小物楽器やエフェクトを使用し、その「場」を音に紡ぎ上げて行くような即興的な演奏で空間を奏でる。 彼らの音楽はまるで会話のように展開し、場に溶けていくような音と評される。
2009年、涼音堂茶舗より1st album『La Merodioj dela Orientnordo~東北からの旋律』をリリース。
2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災したことで、各々の生活が劇的に変化する。復興活動などの合間に電子音楽のイベントや、森繁哉 +ドミニク・パルメ日仏合同作品『フクシマ - 痛むものの声』音楽など、様々な方面で活動。
2016年に本格的にライブ、制作活動を復帰し、2017年に8年ぶりの本作をリリースする。

cobi(小檜山 恵一)
内装職人を生業にしている仙台の音楽家。Coupieの他にユニット『dadadubi』などでも活動している。

yukki(四倉 由公彦)
3.11後、地元石巻の郷土芸能支援活動がきっかけで『雄勝町伊達の黒船太鼓保存会』に加入。アンビエントユニット『Jai Machine』や『らよち』などでも活動している。

Trajno Fenestro〜車窓:
仙台と石巻在住の二人組による、8年ぶりの新作。2011年の東日本大震災以降、二人をとりまく環境は生活や地域の復興活動などで変化を重ねながら数年という時間が過ぎました。2016年のある日、スタジオでもなく屋外の駐車場で、今の生活、耳慣れた環境音の中で行われた何気ないセッション。休止中にそれぞれ歩んだ時間を感じることができるような音の会話。 まるで、進む列車の車窓から見る様々な景色。その断片をミックスした音源は、それぞれの歩んだ時間と新しい景色を映し出しています。