2017-12-22

Toshiyuki Yasuda: Breaking the Silence (Version 10.3.3)



SOLO ALBUM (6th)

Toshiyuki Yasuda: Breaking the Silence (Version 10.3.3)
[MEGADOLLY / Styrism MD1707]

Tower Records(ボーナストラック付き), CD Baby, Amazon.co.jp


Spotify, Google Play Music, Amazon Music

1. Breaking the Silence
2. Simba na shibli
3. Landfall
4. Invisible Rays
5. Good for All Frogs
6. On a Train to Mouli
7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet
8. Absencism
9. We're a Star and We Glow in the Night
10. The First Word



安田寿之6thソロアルバム。ポップ、先進的、エモーショナルという安田寿之の特徴である3要素を昇華しきったエレクトロニックミュージック。話題になったキユーピー株式会社株式会社トライテラスへのCM曲をリアレンジし、「Landfall」(3) や「Invisible Rays」(4) として収録。
2016年後半にクラウドファンディングサイトMotionGalleryにて実施された、アプリやソフトウェアのような概念でリスナーのフィードバックを活用する画期的な音楽制作手法「ヴァージョン・アップ・ミュージック」にて作られた初めての音楽アルバム。
「沈黙を破る」というアルバムタイトルには、人が話し出すまでの一瞬の沈黙のドラマ、人類が言語を獲得するまでの壮大な歴史(若干のアフリカンな雰囲気)、子供が初めて意味のある言葉を発するまでの成長、コンベンショナルな音楽業界への一石、などの意味が込められている。

Toshiyuki Yasuda's 6th solo album. The distinction of his works, that is, mixing of Pop / Advanced / Emotional sublimates characteristic electronic music. Including compositions for TV ads for Kewpie and Tri Terasu (3, 4) which affected people's attention when broadcasted.
The first music album produced by "Version Up Music" executed as a crowdfunding project by Toshiyuki Yasuda in 2016. It is a brand new music production method utilizing listeners' feedbacks like application or software.
The album title "Breaking the Silence" represents a dramatic silence between a conversation, a grand human history acquiring their first language (a slight African mood), the first word of a child, a stir into a conventional music industry and etc.


(Real wax stamps sealed.)

1. Breaking the Silence
(Music: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda

2. Simba na shibli
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Swinky)
Vocals: Swinky, All: Toshiyuki Yasuda


3. Landfall
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Jerker Rellmark + Sebastian Gullbrandson (Trombone))
Vocals: Sebastian Gullbrandson, All: Toshiyuki Yasuda


4. Invisible Rays
(Music and Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda


5. Good for All Frogs
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Nerve)
Vocals: san (antennasia), Additional Keyboards: Nerve (antennasia), All: Toshiyuki Yasuda


6. On a Train to Mouli
(Music: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda

7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet
(Music: Maurice Ravel)
All: Toshiyuki Yasuda

8. Absencism
(Music: Toshiyuki Yasuda)
Edits: Yasumasa Yamada + Akira Yamasaki (Denshi - Teishoku), All: Toshiyuki Yasuda

9. We're a Star and We Glow in the Night
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Swinky)
Vocals: Swinky, All: Toshiyuki Yasuda


10. The First Word
(Music and Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
Heartbeats: Mario Yasuda, All: Toshiyuki Yasuda



Recorded, Mixed, Mastered: Toshiyuki Yasuda
Except
Vocals on 2 Recorded at monogram sounds: Toshiyuki Yasuda
Vocals on 3 Recorded at Trombone Studios: Trombone
Vocals and Additional Keyboards on 5 Recorded at Double Life Studio: Nerve
Heartbeats on 10 Recorded at 国立病院機構東京医療センター: Toshiyuki Yasuda

ⒸToshiyuki Yasuda
Except
2, 9 ⒸToshiyuki Yasuda, Esther Thirimu
3 ⒸToshiyuki Yasuda, Jerker Rellmark, Sebastian Gullbrandson
5 ⒸToshiyuki Yasuda, Nerve
7 ⒸJoseph-Maurice Ravel

Photos: Yusaku Aoki
Designed: Manabu Masuda (A-T-N) & Toshiyuki Yasuda
Printed: Asahi Seihan Printing co.,ltd.
"Version Up Music" Logo: Kazuhiro Nakazato

Produced: Toshiyuki Yasuda
Executive Produced: Toshiyuki Yasuda, Takayuki Morinaka (Styrism)
A&R: Koki Honmyo (Styrism), Tomonori Nishihara (Styrism)


This is the first title produced by “Version Up Music”, a new method to produce music presented by Toshiyuki Yasuda.



解説:COMPUMA(松永耕一)

安田寿之は、初期FPMへの参加を経て、数々のオリジナリティに満ちたコンセプチャルな作品(タワーレコード渋谷店5Fバイヤー時代の大きな展開など、今でもすぐに当時の売り場の光景が思い出されるほど印象深い「Robo*Brazileira」など)をリリースし続け、前作「Nameless God’s Blue」では、あのMockyにも通じるような、自らの歌とピアノを中心としたジャズ/室内楽的シンガー・ソング・ライティングもオーガニックに披露した。また、TV、CM、映画への音楽も多数手掛けながら、Towa Tei、Señor Coconut(Atom Heart)など、内外ジャンル問わず共作・共演も行う、まさに多岐に渡り活動するエレクトロニック・アーチストである。

約3年ぶりの今作は、クラウドファンディングを活用しリスナーの意見を取り入れながらアプリのように更新させる「ヴァージョン・アップ・ミュージック」という手法で制作された、彼ならではの時代性と先鋭性が合致する挑戦的な試みが実践された意欲作である。「沈黙を破る」というタイトルには、人が話し出すまでの一瞬の沈黙のドラマ、人類が言語を獲得するまでの歴史、子供が初めて意味のある言葉を発するまでの成長、コンベンショナルな音楽業界への一石、などの意味が込められているようだ。多彩でネクスト次元の実験的エレクトロニック・ミュージックの手腕がいかんなく発揮されながら、ポップスの普遍性にも真っ向から立ち向かった10編の音楽が記されている。

凛としたメランコリック・エレクトロニック賛美歌的で荘厳な「1. Breaking the Silence」で幕を開け、ケニア人シンガーSwinkyによるスワヒリ語の響きも美しいポリリズム「2. Simba na shibli」から、CM楽曲を発展させた潔癖なまでのエレクトロ郷愁ジャズファンク名曲「3. Landfall」へシームレスに繋がる。「旅を経た上陸」という意味のこのタイトルには、教科書で習う「西欧諸国が未開の地を発見する」というストーリーとは逆の、「アフリカで生まれた人類(2)が新大陸に渡る(3)」という史実が隠されているそうだ。

音楽の原体験として敬愛してきたという世界に誇るレジェンド電子音楽家、故・冨田勲へのオマージュであり、ラヴェルのソナチネをユニーク&キュートな電子音楽に変換した「7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet」。TOMITA、YMOら先人達を経由し、現在から未来へと脈々と受け継がれていくであろう、日本独自の電子音楽のエキゾチズムが丁寧に謙虚に表現されていて、モーレツにグッときてしまう。

個人的にはクライマックスと感じる「9. We're a Star and We Glow in the Night」。彼の真骨頂のひとつであるブラジル音楽とコンピューター音楽の融合をより変態的に深化&進化させたフューチャーであり、バトゥカダの電子のリズムとコーラスがなんともイビツで心地よく、挿入される日本語ナレーションも効いている。

その余韻の中、エンドロールのような「10. The First Word」がゆっくりと始まる。自身の歌と共にお子さんの誕生する前の心臓の鼓動音も5拍子に交えて、未来への思いが子守唄のように優しく綴られたハーモニーとして調和され、「永遠の一瞬」を凝縮したドラマが静かに幕を閉じていく。



cf.
Spotify Japan
BARKS
VANITY mix
ナタリー
Tokyo's Coolest Sound
MusicVoice

サウンド・デザイナー2018年3月号