2013-05-29

Portmanteau: Portmanteau

ポートマントー

COLLABORATION ALBUM

Portmanteau: Portmanteau
[Bic River BIC-0001]


Ototoy, Tower Records, Amazon.co.jp

01. By This River
02. Compressed Carbon
03. Cave Hymn
04. The New Man
05. Jenny the Aviarist

06. Heaven's Above
07. Orgel 2913
08. Toast to my Shadows
09. Maria in Musical Box

10. Kodaphone Opera
11. Seashell and Quaoar
12. Orgel 3038

13. Patterning

(Producers: Toshiyuki Yasuda, Tatsuji Kimura, Morgan Fisher)





アンビエントでありながらアンビエントに囚われていない、
イメージ豊かに静謐な中にもオーガニックで微熱を帯びた現代の電子音集。


dip in the poolの木村達司を中心にモーガン・フィッシャー、安田寿之というそれぞれ異なる活動を展開している3人が、「アンビエント」という言葉をキーワードに、彼らがイメージする「アンビエント」をそれぞれが制作し、曲によってはコラボレーションという形で1枚のアルバムにコンパイル。ゲスト・ボーカルに甲田益也子(dip in the pool)、本田みちよ(OVERROCKET)を迎え、アンビエント、エレクトロ、ヒーリング、民族音楽など、様々なエッセンスが絶妙にブレンドされた、2013年のアンビエントミュージックの一つの形がここに誕生。(安田寿之インタビュー



木村達司 (dip in the pool)
ファッションモデルとしてカリスマ的な人気のあったボーカルの甲田益也子と共に1983年にdip in the poolを結成。独特な音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、1985年、イギリスはラフ・トレード・レコード、ヨーロッパほかではヴァージン・レコード、日本ではアルファ・ムーン・レコードよりデビュー。以来、dip in the poolのサウンドメーカーとしては繊細且つ大胆なトラックと透明感のある甲田益也子のボーカルのマッチングによる浮遊感のある ONE AND ONLY のスタイルをブレる事無く貫き続けつつ、CMや映像音楽も多数手がけている。(木村達司によるPortmanteauサイト

Morgan Fisher
16歳で始めたアマチュアバンド「ラブ・アフェアー」でデビュー。リリースしたシングルが全英No.1を獲得し、18歳の若さでトップアーティストに。その後はデビット・ボウイがプロデュースしたモット・ザ・フープルの全米ツアーに参加、その後メンバーとなる。1982年にはクイーンのヨーロッパ・ツアーに、サポート・キーボーディストとして参加。日本に移り住んでからは、Yoko Ono, THE BOOM、喜納昌吉、細野晴臣など多くの日本人アーティストと共演。さらに環境音楽のアルバムからCM音楽、アート系ビデオ、映画音楽と幅広く国内外で活躍中。

安田寿之
電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家。元FPM。ROBO*BRAZILEIRAとしてブラジル音楽を歌う等ユニークなソロ活動を主体に、Towa Tei、Atom Heart、Clare and The Reasons、Fernanda Takai 等、ジャンル問わず共作・共演。CM、中野裕之、篠山紀信、桑原茂一等への音楽提供も多数。「Red Hot + Rio 2」に、Beck、Caetano Veloso、Bebel Gilberto、David Byrne 等と共に、Red Hotシリーズ17作で初めて日本から参加。MEGADOLLYレーベル代表として新しい形の「音楽のソーシャル・ハブ」になるべく、直接配信契約するiTunes Store で多様なアーティスト作品を全世界発表。常に、既成概念を打破する新しい音楽の公表方法を模索/実施している。2013年には、1点物の音楽作品と写真を組み合わせた「音楽家の写真展」を行い、広告業界など他業種から注目を集める。出展作は完売し、これからの自由な発表方法の提示に成功した。

(Port. Man. Toe.)

01. By This River
Music and lyrics by Brian Eno, Dieter Moebius and Hans-Joachim Roedelius
Vocals by Miyako Koda (dip in the pool)
Backing vocals by Michiyo Honda (OVERROCKET)
All other tracks and mix by Toshiyuki Yasuda

いつかカバーしようと思っていたブライアン・イーノの名曲を、今回取り上げた。シンプルな曲なので幅広くアレンジされているけど、僕が目指したのは声を中心にバッキングをつくる賛美歌のような雰囲気。かつ、エレクトリックな空気感も出すため、声を一音一音サンプリングしてプログラムすることも考えた。それらどちらも満たすのは本田みちよさんしか居ない、とコーラスを依頼。メインヴォーカルは、最初から甲田益也子さんが頭にあった。短い元曲だが、後半部分でメロディをつくりオルガン(洞窟の中で鳴っているような)などでコーダに。何となくアルバム後半に収録されるかと思っていたら(「Before and After Science」に倣い)、意外に1曲目になった。
光栄なことに、作者の一人であるHans-Joachim Roedelius氏から「とてもいいね。この「川」は好きだな!」とメッセージをいただいた。Morganさんは、氏と共作アルバム「Neverless」を作るなど友人である。(安田寿之)

This time I chose one of Brian Eno's masterpieces - one that I had been intending to cover for some time. I aimed to produce it like a hymn, as this simple song has been covered in various ways. Also I attempted to sample and program all the chorus voices, to give them an electronic feel. Michiyo Honda, who understands my motives, sang the chorus parts. From the beginning I knew that Miyako Koda had to sing the lead vocal. The original version of this song is short, so I made a second half played on an organ (sounding like it was in a cavern) and various other sounds. I thought this track would be placed near the end of the album - as it originally was on Eno's "Before and After Science" - but to my surprise, it was selected as the song to open the album.
We had the honour of receiving a positive comment ("Very nice - I like this river!") from Hans-Joachim Roedelius, one of the composers / lyricists of this song. Morgan and Roedelius jointly made an album several years ago ("Neverless"), and they are still good friends. (Toshiyuki Yasuda)

02. Compressed Carbon
Music by Tatsuji Kimura
MIDI piano by Morgan Fisher
All other tracks by Tatsuji Kimura
Mix by Keiji Matsui at echo and cloud studio

今回のアルバムの為に最初に書いた曲。普段は頭の中である程度まで作ってからコンピュータと鍵盤に向かうのだが、この曲は「ロマンチックで切ないピアノ曲」というお題のみで何の準備もせずに鍵盤に向かって20分くらいで作った、僕としては珍しいケース。手弾きの緩い感じが欲しかったので、譜面を送ってモーガンに弾いてもらったデータを再エディットして完成。(木村達司)

This was the first song I made for this album. Usually when I make a new song, I have it almost completely worked out in my head before I start to use a keyboard and computer. However, this track was created from scratch, sitting at the keyboard for about 20 minutes.  All I started out with was the idea of creating a romantic, yet melancholic song. Once it was written, I sent the score to Morgan, he played the piano part in a relaxed, laid-back way, then sent it back to me for final editing. (Tatsuji Kimura)

03. Cave Hymn
Music by Toshiyuki Yasuda
Shifted glockenspiel and loops by Tatsuji Kimura
All other tracks and mix by Toshiyuki Yasuda

1曲目にも使用した「洞窟で鳴っているようなオルガン」とピアノ(制作中の次作ソロアルバム用に録っていたソロパート)を、気持ちいい即興曲にできればと組み合わせた。浮遊感のあるキラキラ音と軽やかなリズムは木村さんにご提供いただいたものをプログラム。(安田寿之)

I mixed the "cavern organ" that I used on "By This River" with a relaxed, improvised piano part that I had recorded for my next solo album. A floating, twinkling bell and some light beats were provided by Tatsuji Kimura, which I edited a little. (Toshiyuki Yasuda)

04. The New Man
Music and lyrics by Morgan Fisher
All vocals, instruments and mix by Morgan Fisher
*Featuring a Milltone drum

僕は新しい楽器を手に入れると、ソレを使って作る曲のアイデアが直ぐに思い浮かぶ。今回のミルトン・ドラムという面白い手作りのパーカッションは、太古からの美しい響きを持っている。ミルトン・ドラムを演奏録音してみると、数年前に書いた歌のメロディと組み合わせるのが良いと思えた。歌を録音後、声をどこか太古から響く感じに加工してみた。我々が世界に存在する様々な問題を克服し、安らぎを得るために必要な人類共通の太古からの智慧を伝えてくれるようなイメージに。(Morgan Fisher)

Whenever I buy a new instrument I immediately get new ideas for a song. In this case it was an interesting handmade percussion instrument called a Milltone drum which for me has a beautiful, ancient sound. After recording it several times it felt right to add a vocal melody which I wrote several years ago. I processed my voice so it would have the same ancient quality, like the voice of the original heart of mankind, teaching us that in spite of all the world’s terrible problems, we will survive and find peace. (Morgan Fisher)

05. Jenny the Aviarist
Music by Morgan Fisher
All tracks and mix by Morgan Fisher
*Featuring a 1950’s Ondioline (made by George Jenny)

ジェニーとは通常女性の名前であるが、この曲タイトルのジェニーはGeorges Jenny氏というフランス人男性の名前。彼は、1941年にOndiolineという世界初のシンセサイザーを発明した人物。Ondiolineは真空管を使ったとても暖かい音が特徴で、僕はそれの後発のモデル(1950年くらい、自分が生まれた頃に出来た)を持っている。Ondiolineで数トラックを重ね録りした後、鳥の歌を入れるアイデアが浮かんだ。きっとGeorges Jenny氏も、パリのどこかの大きな鳥の園で鳥達と演奏を楽しんだのではないだろうか。(Morgan Fisher)

Jenny is usually a woman’s name, but this Jenny is not a woman. It is a French man called Monsieur Georges Jenny. In 1941 he invented one of the world’s first synthesizers, called the Ondioline. This is a tube synthesizer with a very warm sound. I have a later model (from about 1950 - the same age as me). After layering the sounds of the Ondioline, it felt right to add the song of some birds. I can imagine Monsieur Jenny having fun playing with the birds inside a huge aviary in Paris! (Morgan Fisher)

06. Heaven's Above
Music by Tatsuji Kimura, lyrics by Miyako Koda
Vocals by Miyako Koda
Riverrun pad and Melodica by Toshiyuki Yasuda
All other tracks by Tatsuji Kimura
Mix by Keiji Matsui at echo and cloud studio
*This song was originally written for Mic*Itaya's album "Angel" (1993)

安田くんの希望でイーノのBy This Riverを甲田さんに歌ってもらうことにした際に「歌モノ一曲だけだと浮くねぇ」ということで3曲くらい甲田さんに参加してもらうことにし、真っ先に浮かんだのがこの曲のリテイク。1993年にミック・イタヤさんが画集と共に世に出したAngelというCDにdip in the poolとして提供した曲で、原曲もアンビエントテイストだったものを今の気分で再録。歌以外に人の気配がするトラックが欲しかったので、安田くんにメロディカを吹いてもらった。(木村達司)

Toshiyuki Yasuda brought Miyako Koda in to sing on the track “By This River” (originally recorded by Brian Eno).
We then thought that it might be a little strange to have only one vocal track on an ambient album, and decided that it would be more balanced to have at least three vocal tracks. I immediately remembered this song, which I had already recorded for inclusion with a book of paintings by Mic Itaya (designer of some of Dip in the Pool’s album covers). It had an ambient feel to it, so I knew it would fit well on this album. For the new version, I decided that it should have another human/acoustic element added to it besides the vocal, and invited Toshiyuki to play his melodica on it. (Tatsuji Kimura)

07. Orgel 2913
Music by Toshiyuki Yasuda
__for_you_to.app (programmed by ondomusic.com), Thumb Piano (crafted by Sage), sinesynth and mix by Toshiyuki Yasuda

自動演奏するピアノアプリ、即興演奏をマイク録りしたカリンバ、テノリオン的なiPhoneアプリのsinesynthを組み合わせた、未来のオルゴールのような曲。人間が誰も居なくなってもエラーでオルゴールが巻かれ鳴り続ける近未来SF映画のようなイメージ。実は、12曲目と一繋ぎの長い曲だったが、Morganさんに「ここで半分にすれば?」とご提案いただき、分割した。今回、音楽的な部分に加えてこういう客観性も大先輩から学ぶ部分だった。(安田寿之)

This track sounds like a music box played in a fictitious future, combining an automatic piano app, an improvised kalimba and a Tenori-on-like sine wave synth called "Sinewave Synthesizer" from an iPhone. I composed this piece while imagining an SF movie where, for some reason, the human race has disappeared, and a lone music box plays on, eternally... Actually the original version of this track was very long, but Morgan suggested that I cut it into two (the second half became track M12). I think this kind of objective advice is very helpful for me, in addition to learning musical techniques from my mentors. (Toshiyuki Yasuda)

08. Toast to my Shadows
Music by Tatsuji Kimura, lyrics by Miyako Koda
Vocals by Miyako Koda
All tracks by Tatsuji Kimura
Mix by Keiji Matsui at echo and cloud studio
*All the piano parts were originally recorded for dip in the pool's song "a bridge to the rings of the Saturn"

甲田さんの歌で普段のように曲を作るとdip in the poolになっちゃうので、この曲は以前全く別の曲の為に(アルバム「brown eyes」に収録したa bridge to the rings of the Saturn)録音された生ピアノを切り貼りしたトラックを作り、それにメロディを乗せて、、、という手法で作った。具体的にはサビとブリッジのピアノトラックがまず出来てメロディを書き、そこから他のメロディを発展させ、それに合うピアノパーツを嵌め込む、といった具合。最終形に落ち着くまで何転もしていて、実は歌を取ってからコードを変えたりもしている。(木村達司)

I began working on this song by making a collage of some piano phrases taken from “A Bridge to the Rings of Saturn” (a track on the last Dip in the Pool album “Brown Eyes”). Over this backing, the melody evolved in fits and starts - a chorus, a bridge, a verse, etc., while the piano phrases also changed and transformed. It was a long and involved process, and even after recording Miyako Koda’s vocal, I changed some of the accompanying chords. (Tatsuji Kimura)

09. Maria in Musical Box
Music by Tatsuji Kimura
Voice samples by Morgan Fisher
All other tracks by Tatsuji Kimura
Mix by Keiji Matsui at echo and cloud studio

今回のアルバム制作にあたって「このくらいがギリギリのポップ加減かな?」みたいな一つの基準として作った曲。「多分クールな曲が多くなるだろう」という読みもあって、少々可愛いものを意識。これも普段とは違う作り方をしていて、ほぼ無作為に女性と男性のボーカルサンプルをDAWのオーディオトラックにポンと置いて、そこから色々膨らまして作った。後に、男性ボーカルのサンプルをモーガンに歌ってもらった。(木村達司)

This was an attempt to create an almost “normal” song which could work on an album that has evolved a style somewhere in between pop and ambient music. I expected most of the album to be rather cool and cerebral, and decided that this track could bring a little beauty and warmth to the project. Once again, I took a different approach to the making of this song. I started out by almost randomly assembling a collection of male and female voice samples on my computer, which I then shifted and shuffled until a pleasing arrangement emerged. When the song was almost complete, I replaced the male samples with recordings of Morgan’s voice. (Tatsuji Kimura)

10. Kodaphone Opera
Music by Morgan Fisher
Voice samples by Miyako Koda
All other tracks and mix by Morgan Fisher

素晴らしく、神秘的な声を持つ友人、甲田益也子さんの声をサンプリングし、それを使ってまるで生きていて呼吸してでもいるかような鍵盤を"演奏"したのはとても楽しかった。タイトルに含まれる“phone”という単語は、電話機(telephone)、拡声器(megaphone)、サックス(saxophone)のように音を発する機器を表すので、甲田さんの声を発するキーボードをKodaphoneと名付けた。この曲のベースになっている部分はカセットテープにアイデアスケッチとして保存していたものをそのまま使っている。そのある種lo-fiな質感がKodaphoneによる甲田さんの人工的な"歌"と良い感じに融合していると思う。(Morgan Fisher)

It was a real pleasure for me to sample the wonderful, mysterious voice of my friend Miyako Koda and “play” her voice, like a kind of living, breathing keyboard. The word “phone” means sound - as in “telephone,” "megaphone" and “saxophone” . So I called my new virtual keyboard the Kodaphone. This track is based on a short synthesizer piece taken from a library of musical ideas I have on cassette. It had a lo-fi, nostalgic sound that combined nicely with Koda-san’s virtual “singing.” (Morgan Fisher)

11. Seashell and Quaoar
Music and lyrics by Toshiyuki Yasuda
Vocals by Robo*Brazileira
All other tracks and mix by Toshiyuki Yasuda

「GeoSonix」という画像から音を生成するアプリケーションを使いつくったベースライン(頭で考えてはなかなかできないフレーズ)を土台に、僕の歌手エイリアス「Robo*Brazileira」が歌うメロディをつくった。シンセリフは少しクラフトワークのイメージも。貝殻を放り投げたらクワオアー(太陽系外縁天体の一つ)になる、という空想は「2001年宇宙の旅」のようでもあり。(安田寿之)

The melody of this track is sung by my virtual singer known as "Robo*brazileira" over a bass line generated by "GeoSonix", an application which creates musical phrases related to graphic data. The synth riffs may remind you of Kraftwerk. Perhaps someday the story told in this song - a seashell thrown in the sky and transforming into Quaoar (one of the trans-Neptunian dwarf planets) - will be compared to a similar sequence from "2001: A Space Odyssey". (Toshiyuki Yasuda)

12. Orgel 3038
Music by Toshiyuki Yasuda
__for_you_to.app (programmed by ondomusic.com), Thumb Piano (crafted by Sage), sinesynth and mix by Toshiyuki Yasuda

7曲目から続く「未来のオルゴール」の後半。何となくこの3つの楽器(ピアノ、カリンバ、サイン波)を選んだが、不思議にかみ合う音色群だった。無人の中で機械仕掛けの音が鳴り続けるイメージですが、あと1000年経ってもちゃんと人類が生き残っていますように..。(安田寿之)

This was originally the second half of track M07. I chose these 3 instruments (piano, kalimba, sine wave synth) intuitively, but I think they are very compatible. I hope that my theme - instruments playing automatically on an uninhabited earth - is just a fantasy, and that the human race will still survive in 3038. (Toshiyuki Yasuda)

13. Patterning
Music by Morgan Fisher
All tracks and mix by Morgan Fisher

Phillip Bimsteinというアメリカ人の友人がいる。彼は素晴らしいミニマル・アメリカーナ・ミュージックの作曲家で、今風なデジタル・サンプリングとフォークを融合させるという面白い手法を用いている。彼のサンプリングのスタイルはとても有機的で、動物の声、ネイティブ・アメリカンの声や歌、あるいは卓球の音、、、etc。この曲では彼の手法にインスパイアされて、ナイフの刃の部分をテーブル上に固定して柄の部分を震わせた音をサンプリングした。学生時代のランチタイムに教師への意地悪としてよくやったものだ!そのサンプリング音と幾つかのエレピのループが基本になっているのだが、エレピのループは “Morgan’s Organ”と題して東京のSuperdeluxeに於いて2003~2013年の間に100回行ったライブ・パフォーマンスの音源から使っている。(Morgan Fisher)

I have an American friend named Phillip Bimstein. He is a very fine composer of minimal Americana music - a unique blend of modern digital sampling and folk music. His way of sampling is very organic, using animal sounds, the voices of his native American friends, and on one song, samples of a ping pong ball. He inspired me to sample the sound of a knife bouncing on a table - something me and my friends did a lot at school, to annoy the teachers at lunchtime! This sound is mixed with some electric piano loops from one of my live “Morgan’s Organ” keyboard performances - a series of 100 monthly solo concerts I gave at Superdeluxe, Tokyo from 2003-2013. (Morgan Fisher)