2015-04-12

Various Artists: over flow pH3.0



COMPILATION

Various Artists: over flow pH3.0
[ryoondo-tea]

1. Firo: The holy hotsprings
2. 森繁哉+Firo: 鳴響 こけしの神事
3. 佐藤民雄 session: 秋の山唄
4. 安田寿之: Don't think it's to be down
5. Firo: deep dive
6. 森繁哉+らよち: 芭蕉の道行き~奥へ、奥へ
7. エンヤカヤカヤカ・ブー: エンヤカヤカヤカ・ブー
8. 渋温泉の若衆: 木遣り唄「さきずな」
9. Kenichi Itoi a.k.a. PsysEx: 1032-vi~therminal droplet
10. 松田れい子+coupie: 大沼池の黒龍
11. Firo+majio: cocoon system
12. Coniferwind: alpha liquid (flowout mix)
13. Jai Machine: circle in the water
14. Firo: Fog & Mountain of Amrta
15. Coupie: Follow the shadow from lantern
16. Firo: Spa on the moon (Firo remix)

千年の古湯で繰り広げられて来た日本の古層と電子音楽シーンとの邂逅と交錯の記録をコンパイル。 臨湯感あふれる温泉コンピレーションの集大成。

2007年架空の温泉郷と70年代のセッションアルバムをイメージしてリリースした温泉コンピレーション『Over Flow』からスタートした涼音堂の温泉での冒険。
その後、東北最大の湯治場鳴子温泉での『鳴響』、渋温泉での『渋響』、月山山麓の聖域肘折温泉での『肘響』といった千年の歴史を持つ古湯ばかりで開催された電子音楽と温泉の祭典で繰り広げられて来た日本の古層と電子音楽シーンとの邂逅と交錯の記録、それぞれの温泉とのかかわりの中から生まれた楽曲をコンパイル。
山伏・坂本大三郎のユニットエンヤカヤカヤカ・ブー、渋温泉の名物おばあちゃん松田れい子さんの紙芝居、渋温泉の若衆による「御柱祭」に歌われる木遣り唄、世界的舞踏家森繁哉との楽曲など貴重な音源を収録。涼音堂の温泉をめぐる冒険の軌跡をたどる集大成的一枚。

2015-04-11

渋響 pH:7.0


渋響 pH:7.0

日時:2015年4月11日(土)16:00、12日(日)10:00
場所:長野県 渋温泉 臨仙閣(ライヴ+インスタレーション+温泉)、金具屋飛天の間(蕎麦打ちライヴ)
出演:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、安田寿之(w/ 松井敬治)、moskitoo、FourColor、mergrim、松本一哉、DJ蟻、糸魚健一 (PsysEx)、イチオン、Firo、yukki works (pH:j.0)、ジャイトロニック・カロリーコントローラー、DJ Toll Sano a.k.a. RIPe、椎名勇仁、東京食堂、majio、エンヤカヤカヤカ・ブー、十三代目寅蔵、乗田朋子、東京映像旅団、松田れい子、渋温泉芸者社中、温泉極上昇天空間涅槃へgo→、Gold Relax featuring おやきカフェゆもと、タカハシマサト他
主催:涼音堂茶舗

北信州・千年の古湯、渋温泉。
温泉の魅力と空間が音楽を超えて響き合う『渋響』!


21世紀の新たな温泉の楽しみ方『渋響』。
温泉情緒あふれる石畳の温泉街を舞台に、有形登録文化財でもある幻の宿・臨仙閣をメイン会場として日本を代表する温泉建築のひとつである歴史の宿金具屋、そして渋温泉の歴史の象徴である大湯を会場に電子音楽はもちろん、映像あり、インスタレーションあり、トークあり、紙芝居あり、そして温泉ありの、めくるめく不思議な温泉情緒堪能の二日間。
都会を抜け出し、友達を誘って千年の古湯に集う一泊二日。
温泉はもちろん、極上音源も掛け流し!

2015-04-09

Steinberg Groove Agent 4



Steinberg「Groove Agent 4」のレビューを書きました。

Reviewed Steinberg "Groove Agent 4"

2015-04-07

NHK「テレビでフランス語」

NHK Eテレ「テレビでフランス語」の音楽(双子ダンサーLES TWINSによる「LES TWINS, La Danse! Le Français!」コーナー曲)を制作
放送:水曜日(火曜深夜) 午前0:00~0:25
再放送:翌週 木曜日 午前6:00~6:25

Produced music for NHK French course on TV

2015-03-26

ROBO&PEACE



ナレッジキャピタル フェスティバル」での開催イベント「ROBO&PEACE」へ音楽提供
Providing music for the event "ROBO&PEACE"

会場:グランフロント大阪北館1階ナレッジプラザ
期間:2015年3月26日(木)〜29日(日)11:00〜19:00

ロボットをはじめ、先端テクノロジーを活用した製品やサービスが集結!「展示」「ロボット体験」「ワークショップ」「トークイベント」の各スペースで、ロボットなどとのふれあいを楽しめます。そして、テクノロジーを“みて”“ふれて”“まなんで”もらうことで、今後、社会的な課題に対してどのようなテクノロジーが必要になるかなど、『テクノロジーがつくるPeaceな未来』について、参加者と一緒に考えます。

2015-03-25

Ken'ichi Itoi a.k.a. PsysEx: Apex



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Ken'ichi Itoi a.k.a. PsysEx: Apex
[shrine.jp SRDL040]



1.1030_V
2.1012_iii(1016)
3.1002_ii
4.1007
5.1003
6.1023_iii
7.1013_ii
8.1011
9.1021
10.1001
11.1026_iv
Digital Booklet - Apex / Shohei Tsuda



produce: Ken'ichi Itoi
engineering: Ken'ichi Itoi
artwork: Shohei Tsuda



Apex:
「情動と精妙の響き。」
京都在住の電子音楽家、糸魚健一が掲げるサウンドデザインフィロソフィー、PsysEx(サイセクス)。
PはPolyrhythm(ポリリズム)= 世界各国の民族音楽にもみられる拍の一致しないリズムが同時に演奏されることによる独特のリズム感。sysEx(システム・エクスクルーシブ・メッセージ)= 80年代初頭発案されたメーカーを超えた共通の楽器制御通信プロトコルMIDIにおいてシステムセッティングをコントロールする為のパラメータ。PsysExとは感性や直感からの身体入力と、コンピュータから得るランダムを自然現象と解釈し、融合させることで偶然性を重んじたインプロヴァイズされたポリリズムを生むことを意味している。
感覚や情緒に重きを置き精妙な技術で描き出した作品、それが「Apex」である。思想・技術を優先して表現してきたが、今作品では進化から深化へ洗練された深みを合わせもつ「情動と精妙の響」を3年ぶり6thアルバム作品としてアンベールされる。独創的なサウンドデザインへの探求はディテールからシルエットまでに及び、電子音楽が魅力としてもつユニークとスリリングをミニマルでバランスの取れた音分布が効果的に印象づけ、結果として艶をさらに輝かせるラグジュアリーで新感覚オーサムなサウンドへと昇華させている。

糸魚健一(PsysEx)シュラインドットジェイピー):
エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。
PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース(*1,*2)、コンピレーション作品への参加、リミックス、プロデュースや、積極的なライブ活動(*3)を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。更に関わるユニットも多岐にわたり、トラックメーカーDJ iToy、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等がある。京都にて電子音楽パーティpodを主催し、現在の京都電子音楽シーンにつながる礎を築いた。
'97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11~'13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。現在も不定期にCDをリリースすると同時に'14年iTunes Storeを使った新シリーズを始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて月刊で紹介している。老舗でありながら今最も動向を注目されるレーベルである。
そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に主宰し、新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想している。

*1)主なレーベル
細野晴臣氏率いるdaisyworld ,涼音堂茶舗 ,shrine.jp

*2)主なリミキサー、コラボレーション
AOKI takamasa, atom™, alva noto, So Takahashi

*3)主な共演
Akufen, Animal Collective, AOKI takamasa, Aphex Twin, atom™, B.Fleischmann, Carsten Nicolai, Christofher Willits, cluster, COH, Cylob, Dabrye, Dat politics, Diamond Version, Terre Thaemlitz, Toshiyuki Yasuda, DJ Strobocop, DMX Crew, Domotic, Fabriquedecouleurs, Fennesz, Frank Bretschneider, Free Form, Greg Davis, Isan, Jan Jelinek, Kim Hiorthoy, Kyoka, Max Tundra, Mice Parade, Michael Mayer, Mixmaster Morris, Monolake, O'Lamm, Opiate, OVAL, Pheek, Matthew Herbert, Rei Harakami, Rechenzentrum, Richard Chartier, Richie Hawtin, Ryoji Ikeda, PORTABLE, SKETCH SHOW, SND, Sogar, STATIC, Takagi Masakatsu, Taylor Deupree, Thomas Fehlmann, Tsujiko Noriko, Vladislav Delay, Yoshihiro HANNO 等他多数

An experimental/electronic music label founded by Ken'ichi Itoi (PsysEx), an electronic musician resident in Kyoto. From 1997 a great number of analog records and CDs have been released irregularly. In 2011-2013 the label released CDs monthly produced by up‐and‐coming musicians to be a liaison officer in an electronic music scene in Kyoto. In 2014 a new series which introduces new Japanese ambitious music exclusively released on iTunes Store worldwide begins.

2015-03-06

Tubbe: Lied Anstatt (Toshiyuki Yasuda Remix)



REMIX

Tubbe: Lied Anstatt (Toshiyuki Yasuda Remix)
[Audiolith]





FREE DOWNLOAD!
LIED ANSTATT (Toshiyuki Yasuda remix)
Remixed by Toshiyuki Yasuda
Photo of Toshiyuki Yasuda by Reylia Slaby (from Toshiyuki Yasuda's solo album "Nameless God's Blue”)

Could there be anything healthier and better than the combination of winedrinking, playing old C64 games and a Toshiyuki Yasuda remix of TUBBE’s „Lied Anstatt"? We don’t think so. Enjoy the madness of failing in gaming, while listening to some nice music. Paint your face blue, think about buying a guinea pig and consider writing a book. Why? Because you can. TUBBE will be there for you. You can do it!

Toshiyuki Yasuda has produced conceptual albums such as “Brazilian music sung by a fictitious robot” or “all monophonic compilation album” or “electronic covers of world’s children’s songs” mainly using electronic instruments. Apart from these elaborated concepts, his latest album "Nameless God's Blue", released in February 2015 comprises the subjectivity, that is consists of compositions of singer-songwriter feel and arrangements of easy-listening / jazz style. Nobody knows his next step.

2015-02-22

SCHOLE LABEL SAMPLER 2015



REMIX

Various Artists: SCHOLE LABEL SAMPLER 2015
[SCHOLE]

収録アーティスト
akisai
[.que]
Akira Kosemura(虹の彼方 (Toshiyuki Yasuda Remix)
Quentin Sirjacq
dakota suite + quentin sirjacq
Paniyolo

“little letter / SCHOLE BOOKLET vol.7”
+
SCHOLEの2014年、2015年のリリースから選曲した“short story / SCHOLE LABEL SAMPLER 2015″

2015-02-04

Toshiyuki Yasuda: Nameless God's Blue



SOLO ALBUM (5th)

Toshiyuki Yasuda: Nameless God's Blue
[MEGADOLLY MD1506]


e-onkyo, Ototoy (hi-res)
MEGADOLLY shop, Amazon.co.jp, Tower Records, Disk Union,
in Korea

1. La pesanteur
2. Sei gradi di separazione
3. Don't Miss the Time
4. Ironic Dance
5. Don't Think It's to Be Down
6. Alpha Helix
7. Spa On the Moon
8. Falling Stars
9. My Fiendish Heart
10. Wings
11. By Grace of Blue
12. Journey's End in the Eastern Evening Sky

Drums: Norihide Saji
Contrabass: Keiji Matsui
Vocals, Piano, Vibraphone, Celesta: Toshiyuki Yasuda
Guitar, Duet Vocals on 12: Toshihito Tsushima (The Firefly Clan)
Viola: Izumi Kawamura
Duet Vocals on 1: Takako Sato (fantaholic)
Duet Vocals on 2: Viola d'Acquarone

Recorded: Keiji Matsui at echo and cloud studio, Tokyo
Except
Vocals, Vibraphone, Celesta, Guitar: Toshiyuki Yasuda at home, Tokyo & Sunset Music Studio, Okinawa
Vocals by Takako Sato: Takashi Watanabe at Takashi's studio, Tokyo
Vocals by Viola d'Acquarone: Emilio Pozzolini at Butcher Studio, Genova
in 2012 - 2014

Mixed, Mastered: Toshiyuki Yasuda at home, Tokyo

Artwork: Reylia Slaby
Liner Notes: Kentaro Takahashi
Designed: Manabu Masuda (A-T-N) & Toshiyuki Yasuda

Produced: Toshiyuki Yasuda



安田寿之5thソロアルバム。「ロボットが歌うブラジル音楽」、「全曲モノラルのコンピレーション」、「世界の童謡の電子音楽カバー」など、これまで強いコンセプトの元制作してきたスタンスを変え、主観を軸に生歌・ピアノを中心にした生楽器を用いシンガー・ソングライターのような楽曲をイージーリスニングやジャズのような雰囲気でアレンジした雄編。ドリーミィーなメロディーとピアノ、リラックスしつつも力強いドラム・ベース・ギター、息づくような弦楽器、煌びやかな鉄琴楽器が混じり合うLaid Back Music。2年程かけ、じっくり作曲、レコーディングを行った。レコーディングは、echo and cloud studio(東京)、安田自宅(東京)、沖縄、ジェノヴァなどで行った。特に、ピアノは10本のマイクで録音するなど質感にこだわっている。アルバムを通して、一つの楽器を一人のミュージシャンが演奏している。

Toshiyuki Yasuda’s 5th solo album. Apart from continuous elaborated concepts such as “Brazilian music sung by a fictitious robot” or “all monophonic compilation album” or “electronic covers of world’s children’s songs”, the album are comprised of the subjectivity, specifically consists of compositions of singer-songwriter feel and arrangements of easy-listening / jazz style, which should be bracing and profound masterpieces. The music itself is a laid-back music with dreamy vocals / piano, relaxed but mighty drums / bass / guitar, vibrant viola and noble glockenspiels. The album was thoroughly recorded in Tokyo, Okinawa and Genova from 2012 to 2014. Instruments were recorded very carefully especially piano was captured by 10 microphones. As a result, the sound has an exquisite presence.


1. La pesanteur
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Takako Sato)
ⒸToshiyuki Yasuda, MCJP

「重力」(ラ・プゾントゥール)という意味のタイトルのこの楽曲は2012年に父親になりできたものだが、少し不思議な体験に基づいている。柿の木坂を上り病院に子供に会いに行っていた出産直後のことを後に思い返している時、なぜか自分の目線ではなく外から自分を見ている、まるで映画のような映像で思い出した。自らも新しく生まれ変わったように春の風を受け弾むような気持ちで自転車のペダルを漕ぐ自分と、斜め上のアングルでそれを追うもう一人の自分。fantaholicの佐藤多歌子さんにこの二重性の話をしフランス語で歌詞を書いていただき、デュエットした。

2. Sei gradi di separazione
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Viola d'Acquarone & Gak Sato)
ⒸToshiyuki Yasuda, Viola d'Acquarone, Gak Sato

元々、TVドラマのテーマのプレゼンで作曲した。もっとテンポの速いジャズワルツのインストだったが、イタリア語の歌詞を付け3拍子から4拍子にドラマティックに展開するように再構成した。イタリア語歌詞は、以前から共作したかったGak Satoさんにお願いしViola d'Acquaroneさんと共作していただいた。テーマは「六次の隔たり」だそうだ。6人を介すると世界中の人と繋がる、という社会実験。宇宙人に出会ったらよろしく、というオチが付いている。ドラマの仕事は決まらなかったが、そのおかげでこんな風にフレッシュに曲を生き返らせることができた。

3. Don't Miss the Time
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Emi Hiraki & yorico latina)
ⒸToshiyuki Yasuda, Wizard Publishers ltd.

10年以上前に開恵美さんに作曲した曲をセルフカバーした。アレンジもテンポも元曲に近いが、ギターを津嶋利仁さん(The Firefly Clan)に弾いていただき、男っぽくなる方向性ができた。今回、津嶋さんにストロークギターをたくさん弾いていただいている。ストロークギターというのは、リズム機能もあり音調機能もあり最強の楽器奏法の一つだと思っている。これまでRobo*Brazileiraとしてロボ声で歌ってきたが、今回生で歌っている。ここまでの2曲はデュエットだが、この曲からソロになる。決して歌はうまくはないが、曲全体をどうしたいかという明確なイメージで成立させている。最小限度のシンプルな楽器構成だが、曲の構成と少しサイケデリックなミックスで持たせている。今はもう、こんな冒険したBメロのようなコードワークは作れないかもしれない。サビの前のC#7/Bが気に入っている。

4. Ironic Dance
(Music: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda
チャップリン映画のエンドロールのようなイメージのピアノ曲。2013年に制作したフレンチレストランのためのアルバム「Les Rendez-vous de Tokyo 20130606」に、オリジナルヴァージョンが収録されている。サイレント映画的な早回しのようなドタバタした曲だったが、今回は和音を堪能できる位のテンポにした。

5. Don't Think It's to Be Down
(Music & Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda

篠山紀信さんの写真映像作品に作曲した元曲ではロボ声で歌っていたが、今回は他曲同様生で歌った。イントロからAメロにかけての曲詞ともに、あっと言う間にできた覚えがある。篠山さんの仕事は量も多かったので1-2日で仕上げるようにしていたが、時間や条件の制約の中でつくると、火事場的な力により思いがけない成果が出ることがある。この曲もそういう生来を持っている。松井敬治さんのコントラバスのフレーズが、たまにしか喋らないけど一言が意義深い人のようで、とても効いている。ピアノは、マフラーペダル音からいつの間にかノーマル音にモーフィングする。アコースティックなアルバムだが、随所に電子音楽を経過した処理がされているのがこのアルバムの特徴と言える。

6. Alpha Helix
(Music: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda
前曲が賛美歌のように天上に昇っていくようなイメージで終わるので、一度地に足を付ける曲がほしいと思いつくった。螺旋階段のイメージ。だが、階段を下りると地は地でもそこは月であった(次曲)。

7. Spa On the Moon
(Music & Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda

涼音堂茶舗レーベルのコンピレーション「over flow」へ提供したのが元曲だが、この曲だけを色んなアーティストにカバーしてもらうEPを作る程自分でも気に入っている曲。Joe Meek+Dick Hymanのようなイメージの3拍子だったのを4拍子のスウィングにした。ガーシュウィンもジョビンも自分の作曲を何度も色んな編曲を試みるが、作曲家にとって可能性を感じる限り何度もトライしたくなる曲というのはある。

8. Falling Stars
(Music & Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda

2013年初頭に企画/主宰した「音楽家の写真展」(1点物の音楽と写真を組み合わせた展覧会)用の曲を、全く違うスタイルで再編した。元曲は売れてしまったので、写真とセットでは僕自身ももうきけない。祖母が亡くなった時に、多摩川の流れを眺めていて曲はできた。詞はなかなかできなくて、大学教務で通う電車の中でスマホで何週にもわたり書いた。少しYo La Tangoみたいなスタイルを意識した。どうやってもあんな太平感は出せないけど。

9. My Fiendish Heart
(Music: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda
桑原茂一さんのコメディ作品につくったのが元曲。ヴィクター・ヤング作曲「My Foolish Heart」のオマージュ。ピアノはこのアルバムでは、松井敬治さんのエンジニアリングでリボンマイクなど8-10本立て録音し、小さな音でも存在感のある音になっている。マフラーペダルによるフェルトや鍵盤に爪が当たる質感が心地いい。

10. Wings
(Music & Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda

ある女性タレント(タイトルにヒントあり)の歌手デビュー作のプレゼン用に書いた曲。飛べない鳥の歌。1番はペンギン、2番はニワトリ。元々電子音楽家として知り合った佐治宣英さんのドラムは、ほぼ1テイクでokで部分的に少し録り足した位だった。このアルバムでは、これまでコンセプチュアルな作風だった自分から飛び出したいと思っていた。クールな客観性を捨てバカに見えても主観を大事にするんだ、という気持ちをこの歌詞に込めた。実際は飛べないかもしれないけど、"All the way to you, I'll never veer away".(君のところへ、まっすぐ向かっていく。)

11. By Grace of Blue
(Music: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda
クラシカルな曲だが、ウッドベースにより少しだけジャズ的に。イントロとインタールードは、トリスタン和音。2013年に共作して以来友人の河村泉さん一人で重奏していただいているが、弦楽器も「息づかい」だなと思わせられた。

12. Journey's End in the Eastern Evening Sky
(Music & Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
ⒸToshiyuki Yasuda

これも、元々桑原茂一さんのコメディ作品につくったモチーフを発展させた作品。ピアノソロの録音は、dip in the poolの木村達司さんとMorgan Fisherさんと僕とのユニットPortmanteauのアルバムでも使用した。長い曲だが、ベースはずっと変わらない。しかも、間違ったようなマイナーコードに付くフレーズを弾いているが、それがポリネシア感を出している。津嶋さんのギターは、The Firefly Clan(グナワとブルースを合わせたような彼自身のユニット)曲の雰囲気だ。沖縄北谷の海沿いのスタジオで仕上げの録音をした。たった70年前のこと、誰がこの美しい海を見て戦争なんてしたいと思っただろう。長い旅の終わり、永遠に続く夕日、全ての楽器も声も溶け合う宇宙に一つの星を見付けた。



音楽の機能性を重視し、音楽の記名性にはこだわらない。20世紀の終わり頃に現れたDJミュージックやエレクトロ・ミュージックは、そういう志向性を携えているものが多かった。

安田寿之もそんな中に登場した音楽家の一人である。多くの人と同じように、僕が彼の存在を知ったのは世紀の変わり目頃、ヴォコーダーを使った「ロボ声」でブラジル音楽を歌うRobo*Brazileiraの「中の人」としてだった。クラフトワークやYMOの系譜を継ぐエレクトロ・ミュージックであると同時に、歌ものとしての優美さも備え、ユーモラスで人懐っこくもある彼の音楽に、僕は心惹かれた。「ロボ声」を使っているといっても、決してメカニカルな音楽ではない。匿名的な声の使用は、肉声に縛られず、俯瞰的な視点からの人間観察の歌を紡ぐため。そんな彼の音楽への向かい方は、本質的にはシンガー・ソングライターなのではないか、と僕は過去に書いたことがある。

この数年、Toshiyuki Yasuda名義で発表される彼の音楽は、そこからさらにオーガニックな方向に向かい、ゲスト・ヴォーカリストやアコースティック楽器を加えた作品が増えていた。そして、2014年の暮れに完成したこの『Nameless God's Blue』は、近年の活動の中で出会ったミュージシャン達との生演奏を中心に、自らの歌声まで聞かせたアルバムになっている。電子音楽家であったはずの彼が、ついに本物のシンガー・ソングライターになってしまったのだ。

しかし、僕はそのことにはあまり、驚かなかった。過去にも、何人かの友人の音楽家がある日、突然、歌い出すのを見てきたからだ。「ロボ声」の中に姿を潜めている時からすでに、彼の音楽には歌に対する繊細な感覚が張り巡らされていた。だから、いつか歌い出すという予感はあったし、近年の活動の延長線上にあるアコースティックなサウンドは、すっと耳に馴染むものでもあった。

それよりも、僕が驚いたのは、これまで音楽の機能性を重視したコンセプチュアルな作品を発表し続けてきた安田寿之が、何のフレームワークもないところで、音楽を作り始めたように感じられたところだ。気侭な旅のように、作曲と録音を続けて行ったら、こんなアルバムが残されていた、というような感触がこの12曲にはある。冒頭から6曲も3拍子系の曲ばかりが続くのだが、そんな構成も周到に考えられたものではなく、生理や感覚に従った結果に思えたりする。

この2014年に、彼がそんなアルバムを作り上げた理由は幾つかあるのだろうが、僕にとって、この『Nameless God's Blue』は、なぜか「空」を感じるアルバムだった。編成は室内楽的だが、聞き始めると、ふわりと空中に身体が浮いて、空へと昇っていくような、そんな感覚に誘われる。といっても、それは孤独な体験ではない。この「空」は誰の上にも広がっている。そんな風に感じさせる親密さをこの音楽は備えてもいる。

エンディングは川辺に座って、沈む夕日を眺めているかのようだ。このまま永遠に沈まないのかもしれない、と思うような夕日がようやく沈む頃、傍らに誰かがいるのに気づく。そして、空には星が瞬き始めている。

(高橋健太郎)


cf.
Vital Weekly (Netherlands)
LIBERO (Italy)
textura (Canada)