2021-09-10

antennasia: Hazy Pink



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

antennasia: Hazy Pink
[Double Life Records DLCA-0010]

App Icon Apple Music

01. Version Train
02. Hazy Pink
03. Looking Through a Microscope
04. Turquoise Blue
05. Helter Wheel



All songs written by san & nerve
Produced by antennasia
Mixed and mastered by Nerve
Cover photo and designed by antennasia

Hazy Pink
2020年のEP “Papier-Mâché”に続くシンセ・ポップ路線のEP。
2021年の春から初夏にかけて制作された本作は、いずれの曲も「SF的な現実」を題材としている。
ニュー・ウェーヴ、エレクトロニック・ポップ、アヴァンギャルド、ダブ等の要素を持ちながら、そのどこにも属することのないantennasiaの音楽の真骨頂と言える内容となっており、“Papier-Mâché”と合わせて1枚のアルバムとして聴くことも可能だ。
sanのヴォーカルが、ときにはエモーショナルなリード楽器となり、ときにはアレンジメントの一部になって、これまで以上に楽曲の世界観を広げることに貢献している。
ニュー・ウェーヴ・ゴスペル ”Version Train”、ギターのアルペジオが春の陽光のように響くエレクトロニック・ポップ ”Hazy Pink”、「奇妙でチャーミングな」サイケ・ファンク”Looking Through a Microscope”、クラウトロックのエコーが色濃く聞こえる”Turquoise Blue”、移動遊園地へと誘う不穏なスロー・テック・ファンク“Helter Wheel”の5曲を収録。

A synth-pop style follow-up to their previous "Papier-Mâché EP” (2020).
It was produced in the spring and early summer of 2021, and each song is about a "sci-fi reality".
This EP shows the essence of antennasia's music, which has elements of new wave, synth-pop, dub, etc., but doesn't belong to any of them. It can be listened to as one album together with "Papier-Mâché".
Also, san's vocals, sometimes as an emotional lead instrument, sometimes as part of the arrangement, contribute to broadening the world view of each piece more than ever.
“Hazy Pink” contains five tracks; a new-wave gospel "Version Train," the pop-electro "Hazy Pink" with its guitar arpeggios sounding like spring sunshine, a ‘weird and charming’ psyche-funk "Looking Through a Microscope, chilly “Turquoise Blue" with echoes of Krautrock, and "Helter Wheel”, a slow tech-funk that takes you to an unsettled carnival.

antennasia(アンテネイジア):
1999年、san(vo)とNerve(track)により結成。エレクトロニカ、ダブ、ポップなど様々な要素を内包した音楽性を展開。アルバム”Phased”(2002)がきっかけとなり欧州ツアーを行う。2005年、”Cinemice”発表。同年より坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され注目を集める。アルバム“23 Bluebird Street, Velo-City”(2006)には同氏がコメントを寄せている。2008年、Rob Smith、DJ3000、Embee (Looptroop Rockers)、D-Friedなどが参加したリミックス・アルバムを発表。メディアアート、ダンスなど、様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも行っている。2010年、アルバム”Qus-cus”をリリース。コンピレーション「ARTIST ACTION」(2011)、「坂本龍一トリビュート」(2012)などにも参加。以降も、リミックスEP "Re : Qus-cus”(2012年)、”Howling”(2013年)、デトロイトのDJ3000が主催するレーベル Mezéからの”Dragonfly EP”(2013年)、”Alter-Egoist”(2017年)、”Error Code : SFRN”(2019年)、”Papier-Mache - EP”(2020)、”Hazy Pink”(2021)とコンスタントに作品をリリース。

2021-08-28

electronic evening 2021



electronic evening 2021 電子音楽の夕べ

21世紀京都の夏の風物詩、電子音楽の茶席と夕涼み『electronic evening 2021 電子音楽の夕べ』。
今年も人数限定+オンラインで開催します。
今年はより「音の茶の湯」の可能性にフォーカスし、中山福太朗+SPEKTRAによる茶席をフィーチャー。
聞こえる音、漂う香り、お菓子とお茶の味わい、終わりゆく夏の肌触り。音楽/映像/香/茶菓子と空間の全方向から試みます。

Peatix

2021年8月28日(土)18:00-20:30
法然院方丈(京都市左京区鹿ヶ谷)

御音楽: OTOGRAPH〜Oriental Homeward、Kafuka+Masahiko Takeda、四倉由公彦 feat. 糸魚健一、安田寿之 feat. 岩下清香
御映像: Sagar Patel、OTOGRAPH
御茶席: 中山福太朗
インスタレーション: SPEKTRA
御菓子: 宝泉堂
御抹茶: 通圓
香りのコーディネート: lisn
配信協力: 藤原誠有(METRO)

京都府の新型コロナウイルス感染症 感染拡大予防ガイドラインに基づき、入場券の販売数限定を行っています。

オンライン配信チケットには宝泉さんの御菓子+通圓さんの御抹茶+lisnさんのインセンスと大與さんの和蝋燭と、会場と同じ今年の御茶席セレクトを取り合わせた桐箱入り茶箱も頒布。
中山福太朗さんによるオンライン茶席の手引きもついた豪華20Pパンフつき。
今年は簡装版のオンライン茶箱LITEもご用意しております。

-



2021-08-20

Coniferwind & OTOGRAPH: Glimmering Gardens - Single



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

Coniferwind & OTOGRAPH: Glimmering Gardens - Single
[ryoondo-tea DES060]

App Icon Apple Music

1. Coniferwind: 蛍 Luciole (feat. いろのみ & 四倉由公彦)
2. OTOGRAPH: 瑠璃 Lapis lazuli

京都・寺町通にニューオープンした話題の「お寺のホテル」
『三井ガーデンホテル京都浄教寺』のための館内音楽


「いろのみ」「Coupie」「PsysEx」「OTOGRAPH」ら数々のアーティストを輩出した電子音楽レーベル涼音堂茶舗が、京都寺町通にニューオープンした話題のお寺のホテル「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」の音楽を担当。糸魚健一と星憲一朗による京都の環境と音の関係に特化したアンビエントプロジェクトConiferwind projectが、春夏秋冬それぞれの季節のイメージに合わせ浄教寺の空間のための音楽を制作しました。
今回は、夏の朝のための「Glistening Gardens - Single」2曲、夜のための「Glimmering Gardens - Single」(いろのみ & 四倉由公彦フィーチャー曲、京都在住のアーティストOTOGRAPH担当曲)2曲、合計4曲を2タイトルでリリースします。
ジャケットのアートワークは涼音堂作品も多く手がける話題の写真家・岩倉しおりさんの作品です。

Music for Mitsui Garden Hotel Kyoto Kawaramachi Jokyoji. Especially for summer evening.

2021-08-13

Coniferwind: Glistening Gardens - Single



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

Coniferwind: Glistening Gardens - Single
[ryoondo-tea DES059]

App Icon Apple Music

1. 梅雨明 Luirer
2. 朝靄 La brume mataine (Afterglow)

京都・寺町通にニューオープンした話題の「お寺のホテル」
『三井ガーデンホテル京都浄教寺』のための館内音楽


「いろのみ」「Coupie」「PsysEx」「OTOGRAPH」ら数々のアーティストを輩出した電子音楽レーベル涼音堂茶舗が、京都寺町通にニューオープンした話題のお寺のホテル「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」の音楽を担当。糸魚健一と星憲一朗による京都の環境と音の関係に特化したアンビエントプロジェクトConiferwind projectが、春夏秋冬それぞれの季節のイメージに合わせ浄教寺の空間のための音楽を制作しました。
今回は、夏の朝のための「Glistening Gardens - Single」2曲、夜のための「Glimmering Gardens - Single」(いろのみ & 四倉由公彦フィーチャー曲、京都在住のアーティストOTOGRAPH担当曲)2曲、合計4曲を2タイトルでリリースします。
ジャケットのアートワークは涼音堂作品も多く手がける話題の写真家・岩倉しおりさんの作品です。

Music for Mitsui Garden Hotel Kyoto Kawaramachi Jokyoji. Especially for summer morning.

2021-07-30

Firo: All I Know - Single



Mastering, Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

Firo: All I Know - Single
[merlerecords]

App Icon Apple Music

1. All I Know - Single

Firo
音楽家・塚越寛之によるソロユニット。2003年電子音楽レーベル涼音堂茶舗より1stアルバム『paddle』をリリース。以降『Brilliant daze』まで、これまでに5枚のアルバムを発表する。コンピやリミックス、ライブやセッションへの参加も多数。エレクトロニックミュージックをベースに幅広い音世界を展開する。2019年1月より配信限定リリースをスタート(Just Like That - EPAnd Then - SingleGazing - Single)。テレビBGM制作など作家としても活動中。

All I Know - Single
ややアンニュイな雰囲気を持ったリフにスペーシーなシンセとボイスが絡む、チルなエレクトロニック・ダウンテンポトラック。ゆったりしたビートとバウンシーなベースラインを組み合わせることで、空間的な楽曲に適度なテンションを生み出している。

antennasia: 23 Bluebird St., Velo-City (Remastered)

>

Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

antennasia: 23 Bluebird St., Velo-City (Remastered)
[Double Life Records DLCA-0009]

App Icon Apple Music

01. Pegasus(ペガサスに乗って)
02. Kemono Michi(けもの道)
03. Mannequin
04. Yojigen, Kosa, Shingo, Ikiru(四次元 交差 信号 生きる)
05. Blue Dress
06. Nightcamel
07. Paradise Parlor
08. Sorrow (version about me)
09. First Flight
10. Velowitch’s Trick



All songs written by san & nerve
Produced by antennasia
Mixed by Nerve
Remastered by Shinya Oumi & Nerve

Cover photo by san
Designed by Coa Graphics

23 Bluebird St., Velo-City (Remastered)
2006年のアルバムのリマスター・エディション。前2作で色濃かったトリップホップ、ダブ色は後退し、エレクトロニカ、ポストロック、クラウトロック、ハウスなどに接近して制作された、ポップさと実験性と浮遊感が同居したアルバム。リマスタリングには、オリジナル盤のエンジニア、Shinya OumiとNerveが共同で当たっている。ペガサスが空を舞い、ヴェロウィッチがいたずらを仕掛け、マネキンが踊る。そんなVelo-Cityから届く10篇の物語。

A remastered edition of the originally released album from 2006. In this new exploration of the original works, the trip-hop and dub colours of the previous two albums have receded. The new direction is a combination of pop, experimentation and floating ethereal sensations heartening back to early electronica, post-rock, krautrock, jazz and house. The remastering process was carried out by the original album engineer, Shinya Oumi along with Nerve. Pegasus flying in the sky, Velowitch playing tricks and mannequins dancing... Ten stories from Velo-City.

antennasia(アンテネイジア):
1999年、san(vo)とNerve(track)により結成。エレクトロニカ、ダブ、ポップなど様々な要素を内包した音楽性を展開。アルバム”Phased”(2002)がきっかけとなり欧州ツアーを行う。2005年、”Cinemice”発表。同年より坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され注目を集める。アルバム“23 Bluebird Street, Velo-City”(2006)には同氏がコメントを寄せている。2008年、Rob Smith、DJ3000、Embee (Looptroop Rockers)、D-Friedなどが参加したリミックス・アルバムを発表。メディアアート、ダンスなど、様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも行っている。2010年、アルバム”Qus-cus”をリリース。コンピレーション「ARTIST ACTION」(2011)、「坂本龍一トリビュート」(2012)などにも参加。以降も、リミックスEP "Re : Qus-cus”(2012年)、”Howling”(2013年)、デトロイトのDJ3000が主催するレーベル Mezéからの”Dragonfly EP”(2013年)、”Alter-Egoist”(2017年)、”Error Code : SFRN”(2019年)、”Papier-Mache - EP”(2020)とコンスタントに作品をリリース。

2021-06-20

東京2020パラリンピック聖火リレー

株式会社リクシル募集「東京2020パラリンピック聖火リレー」ランナー当選者への通知メールの音楽を作曲。

Composed music attached in the mail for runners of Tokyo 2020 Paralympic torch relay registered at LIXIL Corporatoin.

2021-05-17

西陣connect



FM京都 α-station「西陣connect」(「GOOD & NEW KYOTO」内コーナー)にて、西陣織の制作工程から出る音を使い作曲。
(プロデュース:星憲一朗(音楽環境研究所 合同会社))

OA:2021年5月18日(火)17:20頃〜

cf. GOOD & NEW KYOTO twitter

2021-04-30

Toshiyuki Yasuda: Once a Robot Sings (Piano Solos of Robo*Brazileira)



Toshiyuki Yasuda: Once a Robot Sings (Piano Solos of Robo*Brazileira)
[The Institute of Music and Environment (TIME)]

App Icon Apple Music
Spotify, YouTube, Amazon Music...
BASE (Hi-Res Download / Streaming Card)

1. Baiza (Piano Solo)
2. Decor Samba (Piano Solo)
3. Cesna (Piano Solo)
4. Reversonia (Piano Solo)
5. Nunca Mais (Piano Solo)
6. Day-To-Day (Piano Solo)
7. Augusta (Piano Solo)
8. Zampano (Piano Solo)
9. Chovendo na roseira (Piano Solo)
10. Wave'n Tide (Piano Solo)



Written, Played, Recorded, Mixed and Mastered: Toshiyuki Yasuda
Except
9 Written: Antonio Carlos Jobim

ⒸToshiyuki Yasuda
Except
6 ⒸTaiyo Music Inc.
9 ⒸFamous Music Corp.

Photo: yukie murakami
Designed: Toshiyuki Yasuda

Produced: Toshiyuki Yasuda

2000年にリリースされた安田寿之1stアルバム「Robo*Brazileira」は、ロボ声とオーセンティックでオリジナルなブラジル音楽を融合させた作品として話題となりファンを得ました。その20周年を記念し、全曲再録、オリジナル作の曲順通り収録されたピアノソロアルバム。日本におけるブラジル音楽ではカバーが多い中で作曲にも力点を置かれたオリジナル曲を、フェルトピアノで演奏しオンマイクで録った、独特の時代感のなさ。感染症が広がる夜、何者も起こさぬよう小さく、しかし親密に弾かれたピアノ曲集です。

A self covered piano solo album played on a felt piano of "Robo*Brazileira", Toshiyuki Yasuda's 1st album in 2000. The original album had a strong concept, robot voice and authentic Brazilian music, and put emphasis on composing contrary to Brazilian music scene in Japan. As the 20th anniversary of it, Yasuda takes a piano to spotlight the aspect of songwriting. And it turns into unique timeless feelings. In the deep nights with the pandemic of COVID-19, the piano was played so softly and intimately not to wake up whoever good or evil.

cf.
Robo*Brazileira 20th Anniversary Set
Once a Robot Sings (Piano Solos of Robo*Brazileira) - Single

2021-04-19

青木慶則: セブンティ・ステイションズ



Co-ARRANGEMENT

青木慶則: セブンティ・ステイションズ
[Symphony Blue Label SYBL-0006]

App Icon Apple Music
Spotify, YouTube Music, Amazon

神奈川海老名市の小田急線「海老名」駅から直結の場所に、小田急電鉄「ロマンスカーミュージアム」が開館。この施設内のジオラマパークという巨大ジオラマが堪能できるエリアにおいて、定期的に行われるジオラマショー「時間と距離のロマンス」の音楽を、青木慶則が担当。その楽曲「セブンティ・ステイションズ」を、ミュージアムの開館に合わせて配信することに。約10分に及ぶ大作となっている。

ジオラマショーの映像やプロジェクションマッピングを担当した「AR三兄弟」の川田十夢氏からの依頼を受け、青木が楽曲を制作した。いわゆる「歌もの」であり、青木自身がアレンジや歌唱を担当。ほかには青木の最近のアルバムでは恒例のメンバーとなっている、作曲家・電子音楽家の安田寿之 & ギタリストの石本大介が参加。さらに今回はコーラスとして熊谷あすみ(月の満ちかけ)を、青木のレコーディングとしては初めてのゲストに迎えている。