2015-08-29

electronic evening 2015



electronic evening 2015「電子音楽の夕べ」

初座 day1
8.29(土)18:00 - 20:30
京都 法然院 方丈
浴衣でご来場の方はおみやげ付き(先着順)
ローソンチケット(ローソンチケットLoppi 0570-084-005(Lコード:55762))にて発売中。
初座のみ一般料金:前売り¥4,000

■方丈
出演:hakobune、安田寿之、Ken’ichi Itoi a.k.a. PsysEx、SOMA HAYATO
空間・映像インスタレーション:泉雄一郎+金澤健二+MAJIO
香り:LISN

■北書院
「うつろひ草子」
香り:LISN

■食堂
御茶席「涼音の席」(予約不要)
御菓子:宝泉堂
御抹茶:通圓
香り:LISN
空間・映像インスタレーション:泉雄一郎+金澤健二+MAJIO

21世紀の文人墨客の集う電子音楽の夕涼み。
今年の初座 法然院ラインナップはhakobune、安田寿之、PsysExという布陣に新進気鋭のアーティストSoma Hayatoをフィーチャー。
名物の御茶席「涼音の席」は今年も下鴨のあずき処・宝泉堂のオリジナル上菓子と、日本最古の老舗・通圓の宇治茶を法然院の庭園より湧水する名水「善気水」でお出しします。
8/30(日)は後座として昨年に引き続き人と文化を時代に伝えるプロジェクト【electronic evening x Terminal81 】も和蝋燭と伝統藝能をフィーチャーして開催します。
初座と後座をつなぐテーマは「水」と「火」。
今年も過ぎ行く夏を電子音楽の夕べで。

2015-08-01

MAJIO EXHIBITION ~2015~ CLOSING PARTY



MAJIO EXHIBITION ~2015~ CLOSING PARTY

date: 8/1 (Sat) 22:00-5:00
entrance fee: ¥2,000 (+ 1 order)
at: Space Orbit

◎ LIVE PAINT & SESSION
マジグリム(MAJIO&Mergrim)×安田寿之×Firo×三浦穣×Yukki(Coupie)

◎ DJ's

RIPe
MONK
Michihiro Sotomura
DAISUKE SUGIYAMA
&more

青森県弘前市出身の絵描きMAJIO。この個展のテーマは”根源”と”打破”。自身の色彩と線のルーツと向き合うべく、”ねぷた絵”の素材『和紙、染料、墨、蝋』を使って描き下された新作展。そのクロージングにおけるセッションライブ。

2015-07-29

TOWA TEI: CUTE



ARRANGEMENT

TOWA TEI: CUTE
[MACHBEAT.COM MBCD-1501]

Amazon.co.jp

01. FLUKE
02. TOP NOTE
03. LUV PANDEMIC
04. NOTV
05. HEAVEN
06. SOUND OF MUSIC
07. TRY AGAIN
08. CUL DE SAC
09. BARU SEPEDA
10. CHAISE LONGUE



音楽が一番キュート。『LUCKY』(2013年作)に続く、テイ・トウワ通算8枚目のアルバム。

2015-07-24

orange pekoe & Toshiyuki Yasuda: Somebody Loves Me (Hennessy Artistry Mix)



orange pekoe & Toshiyuki Yasuda: Somebody Loves Me (Hennessy Artistry Mix)
[MEGADOLLY MDD1513]


Ototoy

1. Somebody Loves Me (Intro)
2. Somebody Loves Me (Duet)
3. Somebody Loves an Improvisation

1, 2 Composed by George Gershwin, Lyrics by Ballard MacDonald and Buddy DeSylva
3 Composed by Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto and Toshiyuki Yasuda
Arranged by Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto and Toshiyuki Yasuda

Vocal & Effects by Tomoko Nagashima (orange pekoe)
Acoustic Guitar & Effects by Kazuma Fujimoto (orange pekoe)
Piano, Vocoder, Beats, Synth, Mastered by Toshiyuki Yasuda
Recorded by Hiromi Mizoguchi at Saravah Tokyo
Mixed by Ken Nishi (Syn)
Photos by Yusaku Aoki

Somebody Loves Me (Hennessy Artistry Mix)
“THE ART OF BLENDING” をテーマに、さまざまなジャンルやスタイル、文化、才能をブレンドし、芸術性を創出するHennessy artistry。2011年末サラヴァ東京にて行われた回では、ソウルフルでポジティヴな歌と高い演奏性が聴く者を魅了しているorange pekoeと電子音楽をベースにボーダーレス・ジャンルレスに活動する安田寿之とのセッションが行われた。ガーシュウィンの名曲「Somebody Loves Me」を共同アレンジし、13分弱を一発録りしたその時の模様を編集なしで収録。オーガニックでスパイシーなギターと歌とシンセベースで始まる導入部、ロボットヴォーカルと生歌がデュエットするグルーヴィーな展開部、エフェクティブなノイズが徐々に重なり音の洪水状態に発展する終結部。お互いのエッセンスが絶妙なバランスで凝縮された、心地良くもボーダーレスな音楽旅行。

orange pekoe
ナガシマトモコ(ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成。深く甘美な歌声と、独創的なギター、またジャズ、ブラジル音楽など様々なジャンルの音楽を確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、同世代を中心に大きな支持を得ている。現在まで7枚のオリジナルアルバムをリリースし、新作「Oriental Jazz Mode」では今までのサウンドに加え、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素を独自にミクスチャーした楽曲で新たな境地を切り開いた。
ライブにおいても、二人の息づかいが聞こえる歌とギターによるアコースティック・デュオ編成から、グルーヴィーで迫力溢れる総勢18人からなるビッグバンド編成まで幅広く活動し、アジアやニューヨークでのCDリリースやライブ公演など海外でも活動を展開。
また作品ごとにアートやファッションとのコラボレーションを展開するなど、そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。
その他それぞれソロとしての活動も始動し、ギタリストとしてのソロ作品「SUN DANCE」、「Dialogues」が各方面から高い評価を得ている藤本一馬の3rdアルバム『My Native Land』が2014年7月に、また同年9月には藤本一馬/伊藤志宏 デュオ『Wavenir』をリリースし、独自のチェンバー・ジャズ/ワールド・ミュージックを展開。
そしてナガシマトモコの初のソロ・プロジェクト’Nia’の1st アルバム「NIA」が2014年9月にリリース。日本人初の米国BLUE NOTEとの契約を果たした大注目のJAZZトランぺッター・黒田卓也を作曲・アレンジ・プロデュースに迎え、NYで活躍する新進気鋭のミュージシャン達とともに制作されたこの作品は、様々な音楽性を感性豊かに表現してきた彼女のルーツ的な魅力がつまった新世代オーガニック・ネオ・ソウルとして話題となっている。Wax Poetics JapanとのコラボレーションによるDJ SpinnaのNia’Natural Law’ REMIXも配信され、注目を集めた。

安田寿之
電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家/作編曲家/プロデューサー。MEGADOLLYレーベル代表。1973年生まれ。兵庫県宝塚市出身。立命館大学理工学部卒。1994年、FPMに参加。Pizzicato Five、Towa Tei、Combustible Edisonなどのプロジェクトを手掛け、1997年のFPMデビューアルバムを最後に脱退。
「ROBO*BRAZILEIRA」としてブラジル音楽を歌うなどユニークなソロ活動を主体に、Towa Tei、Señor Coconut(Atom Heart)、Clare and The Reasons、Fernanda Takai(Pato Fu)など、内外・ジャンル問わず共作・共演。CM、中野裕之監督映画、篠山紀信写真映像作品、桑原茂一コメディ作品、維新派や升田学のパフォーマンスなどへの音楽制作も多数。
新しい形の「音楽のソーシャル・ハブ」になるべく、直接配信契約するiTunes Storeで多様なアーティスト作品を全世界発表する。常に、既成概念を打破する新しい音楽の公表方法を模索/実施している。2013年には、1点物の音楽作品と写真を組み合わせた「音楽家の写真展」を開催し、広告業界など他業種から注目を集める。出展作は完売し、これからの音楽の自由な発表方法の提示に成功した。Les Siestes Électroniques(フランス)、Sonarsound Tokyo、Apple Storeなどに出演。武蔵野音楽大学講師。

2015-07-15

うたう!ハニカムジカ



COMPILATION

Various Artists: うたう!ハニカムジカ
[Banana Music Publishing HCMC-1001]

Amazon.co.jp
Ototoy (hi-rez), Ototoy (mp3)

01. フリフリ!あっちこっちダンス:朝日美穂
02. みあげれば、おかあさん:HARCO
03. みかんの歌:良原リエ
04. お猿のかごや:ビューティフルハミングバード
05. クラリネットをこわしちゃった:きんか うぃず あ よーん
06. どんぐりころころ:Rachael Dadd
07. ニアリーイコール:Babi
08. 線路はつづくよどこまでも:安田寿之
09. チューリップ:朝日美穂
10. ことりのうた:良原リエ
11. Old Boys’ Caravan(Instrumental):安田寿之
12. いないいないばあ:朝日美穂
13. やぎさんゆうびん:きんか うぃず あ よーん
14. 雨降りお月さん:ビューティフルハミングバード
15. ピクニック:良原リエ

ハニカムジカから初めてのコンピレーションアルバムが誕生しました!イベントのレギュラーメンバーである、朝日美穂、良原リエをはじめ、HARCO、ビューティフルハミングバード、Babi、安田寿之、Rachael Dadd、きんか うぃず あ よーん が参加。ジャケットのイラストはもちろん、カトウジュリさんです♪
珍しいキノコ舞踊団の振付によるMVが話題の朝日美穂、トイ楽器や子供との対話も楽しい良原リエ、HARCOと安田寿之は、お互いに“パパ友”コラボ!抜群の歌唱力で日本の童謡のルーツを聞かせるビューティフルハミングバード、イギリス人SSW、Rachael Daddが我が子と歌う「どんぐりころころ」、Babiは飛び出す絵本のようなオリジナル曲を提供。きんか うぃず あ よーんのヒット童謡カバーアルバム「こどもれこーど」からも2曲収録し、誰もがよく知る童謡や、踊らずにはいられない楽しいオリジナル曲が盛りだくさん。ファミリー感あふれる一枚です。
(ハニカムジカ)

「08. 線路はつづくよどこまでも:安田寿之」では、朝日美穂さんとデュエット
「11. Old Boys’ Caravan:安田寿之」では、HARCOさんがコーラスとシンセで参加
「02. みあげれば、おかあさん:HARCO」では、安田寿之がリズムやシンセで参加 しています。

2015-05-11

新川忠さんとの対談



音楽家新川忠さんとの対談がアップされました。
以前よりファンだった新川さんとの音楽、映画、経歴(プライベート含む)などの話が、10回に分けて公開されます。

1. 公園にて。
2. 作曲者の歌。
3. 強度。
4. 私小説。
5. 録音方法。
6. カフェにて。
7. 中間のフィールド。
8. ブライアン・イーノ。
9. CD。
10. 面白いから、やっている。

2015-04-29

RadioMango PapaChango



アルゼンチンのラジオ局「RadioMango PapaChango」にて特集が放送されます。
2015.4.29(水)日本時間22時より

Special program of Toshiyuki Yasuda on RadioMango PapaChango.
2015.4.29 (wed.) 10HS ARG / 9HS USA / 22HS JPN / 15HS FRA