2022-01-01

Megadolly merged into TIME



Megadollyは、The Institute of Music and Environment (TIME)に統合されました。
サイトドメイン、名称は廃止されます。

Megadolly was merged into The Institute of Music and Environment (TIME).
The site domain and name are discontinued.

2021-12-24

antennasia: Cinemice (Remastered 2021)



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

antennasia: Cinemice (Remastered 2021)
[Double Life Records DLRA-0002]

App Icon Apple Music

01 Prologue
02 Takarajima
03 Hayek
04 Silky Curtain
05 7 Steps (Interlude #1)
06 Blank
07 Sorrow
08 Let Me In (Interlude #2)
09 Slumpin'
10 Sofa
11 Mermaidance
12 Lost (Interlude #3)
13 Muaratoi
14 Epilogue



All songs written by san & nerve
Performed by antennasia
Saxophone on "Sofa" by Yuji Monma
Produced by antennasia
Mixed and mastered by Nerve
Cover photo by san, designed by antennasia & Osamu Otomo

2005年の2ndアルバムがリマスターで再発。
タイトルはcinema(映画)とmice(ネズミ)を組み合わせた造語。古びた映画館で床に落ちた食べ物を齧りながら映画を見るネズミを意味している。このアルバムは、そこで上映されている14の短編映画集である。
ネズミたちが鑑賞する人間の世界。そこでは言葉はあまり意味を持たない。ここにあるのは、物語の断片的なイメージであり、残りはリスナーの想像力に委ねられている。このゆったりとした時間の流れる短編集に於いて、antennasiaは想像するという形で、リスナーに作品への参加を呼びかけている。

Originally released in 2005, antennasia’s 2nd album “Cinemice” has been remastered and reissued. The title is a combination of the words "cinema" and "mice", meaning a mouse watching films in an old cinema theatre, chomping on food that has fallen to the floor. This album is a collection of 14 short films that are shown there.
This is the human world as seen by the rats and words don't mean much here. What we have here are fragmentary images of fourteen stories, the rest of which is left to the imagination of the listener. In this slow-moving collection of short stories, antennasia invites the listener to participate in the form of imagination.

2021-12-23

音楽未来人教養講座 #004〜音楽教育の未来は明るいのか?討論会その1



音楽未来人教養講座 #004〜音楽教育の未来は明るいのか?討論会その1

株式会社インビジ(代表:松尾謙二郎、以下インビジ)と、多目的スペース「御茶ノ水 RITTOR BASE(リットーベース)」(運営:株式会社リットーミュージック)は、音楽ビジネスの未来を毎回多彩なゲストとともに考える連続ワークショップMusician's New Experience Project 「音楽未来人教養講座」の第4回を12月23日に開催、オンライン配信します。

今回と次回のテーマは「音楽教育」

デジタル全盛の昨今、音楽教育ってなんだか遅れていませんか? そもそも音楽教育で大事なことって何でしょう? 楽譜が読めるようになること? 楽器が上手くなること? 就職の役に立つこと? もう一度考えてみたいと思います!
第1回はアーティストとして活動しながら、大学で教鞭もとる安田寿之氏、安野太郎氏をゲストに迎え、教育現場の実態・課題に迫ります。モデレーターは音楽/美術/テクノロジーと領域を横断した表現活動を実践するインビジ代表の松尾謙二郎が務めます。
音楽のちからを信じ日々創作活動に勤しむ音楽未来人と、音楽ビジネスに携わる皆様の参加をお待ちしています。

日程:2021年12月23日(木)19:00- 2時間程度を予定(12月30日(木)23:00までアーカイブを全編視聴可能)
ストリーミング視聴券:3,300円 (一般) / 1,100円 (学割)
出演:安田寿之氏(音楽家、音楽環境研究所 合同会社 代表、武蔵野音楽大学講師)、安野太郎氏(作曲家・愛知県立芸術大学准教授)
モデレーター:松尾謙二郎(株式会社インビジ 、株式会社coton代表取締役)
主催:株式会社インビジ/株式会社リットーミュージック

-

2021-11-27

Towa Tei: Super Crooks (Soundtrack from the Netflix Series)



Co-Arrangement (8, 12)

Towa Tei: Super Crooks (Soundtrack from the Netflix Series)
[EFLA-0019]

Amazon.co.jp, Apple Music / iTunes Store, Spotify

1. ALPHA
2. JOHNNY
3. SEXY KASEY
4. SUPER CROOKS
5. SENSE OF CRISIS
6. SUGAR
7. MOSS COVERED ROOTS
8. KASEY
9. INTRIGUE
10. BASTARD
11. AWAKENING
12. KASEY REPRISE
13. BROCANTE
14. RADIO (EDIT)

TOWA TEIが手がけるNetflixシリーズ「スーパー・クルックス」のサウンド・トラック盤 『SUPER CROOKS (SOUNDTRACK FROM THE NETFLIX SERIES)』。
Deee-Liteのメンバーとしてデビューし、ソロデビュー25周年を迎えるテイ・トウワが、 2021年11月25日から全世界配信となるアニメ、 Netflixシリーズ「スーパー・クルックス」の本編で流れる劇伴を担当する。
新たな楽曲を書き下ろしており、「SUGAR」や「ALPHA」などの既存曲もフィーチャーされている。
「スーパー・クルックス」は、ジョニー・ボルトにスカウトされた超能力を持つヴィランたちが、最後の強盗に挑むクライムアクション。
コミック界の伝説的存在であるマーク・ミラーとアーティストのレイニル・ユーによる同名のグラフィック・ノベルを原作とし、 「キャロル&チューズデイ」の堀元宣が監督を務め、 世界的に高い評価を得るボンズが制作を手がける。サウンドトラックは全曲TOWA TEIプロデュース。マスタリングは砂原良徳による。

2021-11-23

Kyo Ichinose × eufonius: Sense of



Additional Arrangement (2, 6)

Kyo Ichinose × eufonius: Sense of
[EFLA-0019]

Apple Music / iTunes Store, Spotify

1. regression
2. solfége lesson
3. ちいさなうた-pedal*tone mix-
4. 反転カラフル
5. doomsday cord
6. solfége lesson -instrumental-
7. 反転カラフル-instrumental-
8. doomsday cord -instrumental-



Mastering: 菊地創 at "eufonius St."
Artwork: 植田工
Piano: 一ノ瀬響
Synthesizer (1): ただすけ
Additional Arrangement (2,6): 安田寿之
Violin & Viola (2,6): 押鐘貴之
Tárogató (3): 田中邦和
Guitar (4,7): 朝井泰生(M4)
Violin (4,7): 岩嵜壮志

現代音楽&エレクトロミュージックを中心に国内外から高い評価を受けている作曲家、一ノ瀬響。アニソン&ゲーソン界で数々の主題歌&劇伴を担当してきた、eufonius。まさかの異色で奇跡なコラボ企画!書き下ろしの新曲に加え、一ノ瀬響によるeufonius楽曲のリミックスも収録。

2021-11-05

Tracklib



Tracklib(公式にサンプリングし使用できる音楽サービス)にて「Robo*Brazileira」(2000)、そのピアノソロ盤「Once a Robot Sings」(2021)をリリースしました。

Released "Robo*Brazileira" (2000) and a piano solo version of the album "Once a Robot Sings" (2021) on Tracklib (the service where anyone can legally clear samples).

2021-10-25

Elegance Cosmetics 2021 WINTER

エレガンス 2021 WINTER「Gift The Best Beauty - LA POUDRE HAUTE NUANCE -」の音楽を作曲。

Composed for Elégance Cosmetics 2021 WINTER "Gift The Best Beauty - LA POUDRE HAUTE NUANCE -"

2021-09-10

antennasia: Hazy Pink



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

antennasia: Hazy Pink
[Double Life Records DLCA-0010]

App Icon Apple Music

01. Version Train
02. Hazy Pink
03. Looking Through a Microscope
04. Turquoise Blue
05. Helter Wheel



All songs written by san & nerve
Produced by antennasia
Mixed and mastered by Nerve
Cover photo and designed by antennasia

Hazy Pink
2020年のEP “Papier-Mâché”に続くシンセ・ポップ路線のEP。
2021年の春から初夏にかけて制作された本作は、いずれの曲も「SF的な現実」を題材としている。
ニュー・ウェーヴ、エレクトロニック・ポップ、アヴァンギャルド、ダブ等の要素を持ちながら、そのどこにも属することのないantennasiaの音楽の真骨頂と言える内容となっており、“Papier-Mâché”と合わせて1枚のアルバムとして聴くことも可能だ。
sanのヴォーカルが、ときにはエモーショナルなリード楽器となり、ときにはアレンジメントの一部になって、これまで以上に楽曲の世界観を広げることに貢献している。
ニュー・ウェーヴ・ゴスペル ”Version Train”、ギターのアルペジオが春の陽光のように響くエレクトロニック・ポップ ”Hazy Pink”、「奇妙でチャーミングな」サイケ・ファンク”Looking Through a Microscope”、クラウトロックのエコーが色濃く聞こえる”Turquoise Blue”、移動遊園地へと誘う不穏なスロー・テック・ファンク“Helter Wheel”の5曲を収録。

A synth-pop style follow-up to their previous "Papier-Mâché EP” (2020).
It was produced in the spring and early summer of 2021, and each song is about a "sci-fi reality".
This EP shows the essence of antennasia's music, which has elements of new wave, synth-pop, dub, etc., but doesn't belong to any of them. It can be listened to as one album together with "Papier-Mâché".
Also, san's vocals, sometimes as an emotional lead instrument, sometimes as part of the arrangement, contribute to broadening the world view of each piece more than ever.
“Hazy Pink” contains five tracks; a new-wave gospel "Version Train," the pop-electro "Hazy Pink" with its guitar arpeggios sounding like spring sunshine, a ‘weird and charming’ psyche-funk "Looking Through a Microscope, chilly “Turquoise Blue" with echoes of Krautrock, and "Helter Wheel”, a slow tech-funk that takes you to an unsettled carnival.

antennasia(アンテネイジア):
1999年、san(vo)とNerve(track)により結成。エレクトロニカ、ダブ、ポップなど様々な要素を内包した音楽性を展開。アルバム”Phased”(2002)がきっかけとなり欧州ツアーを行う。2005年、”Cinemice”発表。同年より坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され注目を集める。アルバム“23 Bluebird Street, Velo-City”(2006)には同氏がコメントを寄せている。2008年、Rob Smith、DJ3000、Embee (Looptroop Rockers)、D-Friedなどが参加したリミックス・アルバムを発表。メディアアート、ダンスなど、様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも行っている。2010年、アルバム”Qus-cus”をリリース。コンピレーション「ARTIST ACTION」(2011)、「坂本龍一トリビュート」(2012)などにも参加。以降も、リミックスEP "Re : Qus-cus”(2012年)、”Howling”(2013年)、デトロイトのDJ3000が主催するレーベル Mezéからの”Dragonfly EP”(2013年)、”Alter-Egoist”(2017年)、”Error Code : SFRN”(2019年)、”Papier-Mache - EP”(2020)、”Hazy Pink”(2021)とコンスタントに作品をリリース。

2021-08-28

electronic evening 2021



electronic evening 2021 電子音楽の夕べ

21世紀京都の夏の風物詩、電子音楽の茶席と夕涼み『electronic evening 2021 電子音楽の夕べ』。
今年も人数限定+オンラインで開催します。
今年はより「音の茶の湯」の可能性にフォーカスし、中山福太朗+SPEKTRAによる茶席をフィーチャー。
聞こえる音、漂う香り、お菓子とお茶の味わい、終わりゆく夏の肌触り。音楽/映像/香/茶菓子と空間の全方向から試みます。

Peatix

2021年8月28日(土)18:00-20:30
法然院方丈(京都市左京区鹿ヶ谷)

御音楽: OTOGRAPH〜Oriental Homeward、Kafuka+Masahiko Takeda、四倉由公彦 feat. 糸魚健一、安田寿之 feat. 岩下清香
御映像: Sagar Patel、OTOGRAPH
御茶席: 中山福太朗
インスタレーション: SPEKTRA
御菓子: 宝泉堂
御抹茶: 通圓
香りのコーディネート: lisn
配信協力: 藤原誠有(METRO)

京都府の新型コロナウイルス感染症 感染拡大予防ガイドラインに基づき、入場券の販売数限定を行っています。

オンライン配信チケットには宝泉さんの御菓子+通圓さんの御抹茶+lisnさんのインセンスと大與さんの和蝋燭と、会場と同じ今年の御茶席セレクトを取り合わせた桐箱入り茶箱も頒布。
中山福太朗さんによるオンライン茶席の手引きもついた豪華20Pパンフつき。
今年は簡装版のオンライン茶箱LITEもご用意しております。

-



2021-08-20

Coniferwind & OTOGRAPH: Glimmering Gardens - Single



Consultancy and distribution to Apple Music/iTunes Store by The Institute of Music and Environment (TIME)

Coniferwind & OTOGRAPH: Glimmering Gardens - Single
[ryoondo-tea DES060]

App Icon Apple Music

1. Coniferwind: 蛍 Luciole (feat. いろのみ & 四倉由公彦)
2. OTOGRAPH: 瑠璃 Lapis lazuli

京都・寺町通にニューオープンした話題の「お寺のホテル」
『三井ガーデンホテル京都浄教寺』のための館内音楽


「いろのみ」「Coupie」「PsysEx」「OTOGRAPH」ら数々のアーティストを輩出した電子音楽レーベル涼音堂茶舗が、京都寺町通にニューオープンした話題のお寺のホテル「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」の音楽を担当。糸魚健一と星憲一朗による京都の環境と音の関係に特化したアンビエントプロジェクトConiferwind projectが、春夏秋冬それぞれの季節のイメージに合わせ浄教寺の空間のための音楽を制作しました。
今回は、夏の朝のための「Glistening Gardens - Single」2曲、夜のための「Glimmering Gardens - Single」(いろのみ & 四倉由公彦フィーチャー曲、京都在住のアーティストOTOGRAPH担当曲)2曲、合計4曲を2タイトルでリリースします。
ジャケットのアートワークは涼音堂作品も多く手がける話題の写真家・岩倉しおりさんの作品です。

Music for Mitsui Garden Hotel Kyoto Kawaramachi Jokyoji. Especially for summer evening.