2017-02-03

PanoMusica



パノラマ写真 + VR音響のアプリ「PanoMusica」がリリース。(現状Google Playでのみ)

端末を上下左右に動かすと、その方向に音楽も変化していきます。
二眼タイプのヘッドマウンドディスプレイで楽しむ「VR」モード、裸眼でも楽しめる「Mono」モードを用意しています。
都会、教会、自然の美しいビジュアルを、BGMにとどまらないインタラクティブミュージック(ヘッドフォン/イヤフォン推奨)と共にご体験ください。

写真:蔭山一広
音楽:安田寿之
コンセプト、プログラム:谷口直嗣


An application "PanoMusica" released. (Temporarily on Google Play exclusively)

Panoramic photos + VR music.
The music change over gradually tracking your sights in panoramic photos. Variable directions are not only horizontal but also vertical.
2 visual modes are available.
1. VR mode (Using with a binocular head-mounted display.)
2. Mono mode (Nothing special required, only with your naked eyes.)
Enjoy the consistent combination of beautiful photographs of townscapes, inner chapels and landscapes and interactive music beyond BGM (headphone or earphone is recommended to experience).

Photos: Kazuhiro Kageyama
Music: Toshiyuki Yasuda
Concept and Programming: Naoji Taniguchi



2017-01-23

突然ですが、明日結婚します



フジテレビ月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の音楽を担当。
放送:2017年1月〜 毎週月曜日21時〜

Composed for a TV drama series "LOVE is no Where, LOVE is noW here" on Fuji Television Network, inc.

2017-01-22

武蔵野音楽教育研究会

第23回 武蔵野音楽教育研究会 研究大会にて特別講演



日時:平成29年1月22日(日)午後1時
場所:武蔵野音楽大学 むらさき寮 江古田音楽教室 2階

Ⅰ.研究発表
①松本拓也(平成27年卒)
子どもに必要な教師とは
ー小中学校の経験を通してー
②田﨑教子(平成4年修了・帝京大学教育学部 准教授)
クリニカル・ミュージシャンシップ援用のための枠組み
ー保育者に必要な音楽性を考えるための一試案ー

Ⅱ.総会

Ⅲ.特別講演
安田寿之(音楽環境運営学科 講師)
音楽を通した、新しい社会的価値観の提示を目指して


Ⅳ.懇談会

2016-12-23

Sunao Inami: Strength of the Roots



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Sunao Inami: Strength of the Roots
[shrine.jp SRDL067]


(exclusive)

1. Neolith
2. Agric
3. Biio
4. Vio
5. Frm
6. Pastor
7. Prot In
8. Cultiva
9. Hortic
10. Natu
11. Pomic
12. Amin
13. Orchar
14. Wld



produce : Sunao Inami
mastering: Ken'ichi Itoi
photo: Fábio Petry
distribution : Toshiyuki Yasuda



稲見淳:
兵庫県生まれのサウンドデザイナー。13歳でシンセサイザーに触れる。アナログ/デジタルの双方に深い造詣を持ち、なかでもWavetable Synthesisにおいては世界有数の使い手である。98年、ベルギーのレーベルSubRosaよりアルバムをリリース。00年以降はヨーロッパ、アメリカ、台湾などでもライブを展開、各地で好評を博す。09年3月はポーランドでのフェスティバルにてZ’EV、ZOVIET FRANCE (REFORMED FACTION)らと共演。また、舞踏家、美術家らとのコラボレーション、インターネット上での音楽表現の研究、キーボード専門誌への執筆等、活動は幅広い。自身のレーベル&ディストリビューション『electr-ohm』を主宰し、国内入手困難なインダストリアル/IDM系作品を紹介している。そのストイックな活動と音が、東京のディープな音楽フリークを驚かせ、虜にしている。2009年5月のBULLET’S10周年では、Q’HEY、AUTORAらと、その後も、煙巻ヨーコ、KEIHIN、モーリー・ロバートソンらと共演。日常は利便性の悪い兵庫県の中山間地域で100種類以上の世界の唐辛子や珍しい野菜を栽培、出荷、webで販売中。

糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより。

2016-11-21

Version Up Music ミートアップイベント Vol. 4



Version Up Music ミートアップイベント Vol. 4

日時:2016年11月21日(月)18:30(開場)、19:00〜21:00(開催)
場所:Red Bull Studios Tokyo Hall(東京都渋谷区渋谷1-3-3)
プレゼンテーション:安田寿之、ファシリテーション:高橋健太郎
料金:一般2,000円(当日)、1,500円(前売)、Impact HUB Tokyoメンバー1,000円(当日)
*Motion Galleryでのイベント参加ファンダーには、無料コードを別途お配りします。
1ドリンク(アルコール、ノンアルコールかお選びいただけます)付き

2016年8〜11月、安田寿之がクラウドファンディングサイトMotion Galleryにて行っている新しい音楽制作手法「ヴァージョン・アップ・ミュージック」。経過を報告しリアルにフィードバックを受け付けるイベントをファンディング期間中、月に1度、計4回開催します。制作者とリスナーが会し、交流の場にしながらフィードバックを受け付け、可能であればその場で改変作業を行うことは、オンラインだけでは生じない意義があると考えています。


最終回の今回は、革新的な音楽コンテンツを世界に発信するプラットフォーム「レッドブル・スタジオ 東京」のホールにて、音楽評論家/プロデューサーで著作も盛んな高橋健太郎氏をファシリテーターに迎え行います。隈研吾さんデザインの素晴らしい空間を、一般の方にもご覧いただける貴重な機会です。
イベントご招待付きのファンディングは、フル試聴/フィードバック送信/完成ヴァージョンCD・ハイレゾ/CDへのクレジットあわせて10,000円とお得なセットです。ご参加お待ちしています。

参加方法は2種類です。

・ファンディングで申し込む
Motion Galleryページから、イベント参加を含むリターンにご参加ください。無料コードを別途お配りします。

・イベント単体で申し込む
Doorkeeperページにて、お申し込みください。
ただし、料金は割高になり、随時ヴァージョンの試聴やフィードバック送信は不可、完成ヴァージョンもお受け取りいただけません。

-


(by Styrism)

2016-11-01

Version Up Music ミートアップイベント Vol. 3



Version Up Music ミートアップイベント Vol. 3

日時:2016年11月1日(火)18:30(開場)、19:00〜21:00(開催)
場所:Red Bull Studios Tokyo(東京都渋谷区渋谷1-3-3)
プレゼンテーション:安田寿之、ファシリテーション:岩井美咲
料金:一般2,000円(当日)、1,500円(前売)、Impact HUB Tokyoメンバー1,000円(当日)
*Motion Galleryでのイベント参加ファンダーには、無料コードを別途お配りします。
1ドリンク(アルコール、ノンアルコールかお選びいただけます)付き

2016年8〜11月、安田寿之がクラウドファンディングサイトMotion Galleryにて行っている新しい音楽制作手法「ヴァージョン・アップ・ミュージック」。経過を報告しリアルにフィードバックを受け付けるイベントをファンディング期間中、月に1度、計4回開催します。制作者とリスナーが会し、交流の場にしながらフィードバックを受け付け、可能であればその場で改変作業を行うことは、オンラインだけでは生じない意義があると考えています。


その3、4回目は、革新的な音楽コンテンツを世界に発信するプラットフォーム「レッドブル・スタジオ 東京」にて行います。 3回目はスタジオ、4回目はホールと、違うスペースでお楽しみいただけます。隈研吾さんデザインの素晴らしい空間を、一般の方にもご覧いただける貴重な機会です。
3、4回イベントご招待付きのファンディングは、フル試聴/フィードバック送信/完成ヴァージョンCD・ハイレゾ/CDへのクレジットあわせて10,000円とお得なセットです。ご参加お待ちしています。

参加方法は2種類です。

・ファンディングで申し込む
Motion Galleryページから、イベント参加を含むリターンにご参加ください。無料コードを別途お配りします。

・イベント単体で申し込む
Doorkeeperページにて、お申し込みください。
ただし、料金は割高になり、随時ヴァージョンの試聴やフィードバック送信は不可、完成ヴァージョンもお受け取りいただけません。

-


(by David Jiménez)

2016-10-28

Hideo Nakasako: Portrait of Something



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Hideo Nakasako: Portrait of Something
[shrine.jp SRDL066]


(exclusive)

1. Focus
2. Pray (feat. Hitomi Nishijima)
3. Relax
4. Spoke of a Wheel
5. Looking At the Overlooked
6. Hanabi
7. Pluck
8. Bird
9. Recognize



produce: Hideo Nakasako
mastering: Ken'ichi Itoi
photo: Fábio Petry
distribution : Toshiyuki Yasuda



Hideo Nakasako (TYPE/NightSafari):
関西を中心に活動するトラックメーカー。これまでにon sunday recordingsやBlue Arts MusicよりEPをリリース、その他数多くのコンピレーションへの参加や自身のBandcampよりリリースをしながらも積極的にライブ活動を続ける。トラックメーカーのライブパフォーマンスに焦点を当てたパーティー「NightSafari」や電子音楽、テクノを中心とした「TYPE」を主催する。

Portrait of Something:
「現実味を帯びた非現実的な体験」をテーマに制作。
abstraction(抽象)=定まらない物が肖像をなす意味で、Portrait of Somethingと名付けた。

糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより。

2016-09-30

Version Up Music ミートアップイベント Vol. 2



Version Up Music ミートアップイベント Vol. 2

日時:2016年9月30日(金)18:30(開場)、19:00〜21:00(開催)
場所:Impact HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)
プレゼンテーション:安田寿之、ファシリテーション:ヲノサトル
料金:一般2,000円(当日)、1,500円(前売)、Impact HUB Tokyoメンバー1,000円(当日)
*Motion Galleryでのイベント参加ファンダーには、無料コードを別途お配りします。
1ドリンク(アルコール、ノンアルコールかお選びいただけます)付き

2016年8〜11月、安田寿之がクラウドファンディングサイトMotion Galleryにて行っている新しい音楽制作手法「ヴァージョン・アップ・ミュージック」。経過を報告しリアルにフィードバックを受け付けるイベントをファンディング期間中、月に1度、計4回開催します。制作者とリスナーが会し、交流の場にしながらフィードバックを受け付け、可能であればその場で改変作業を行うことは、オンラインだけでは生じない意義があると考えています。その2回目になります。残り3回へのご参加は9/29が〆切になりますので、早めにお申し込みください。

参加方法は2種類です。

・ファンディングで申し込む
Motion Galleryページから、イベント参加を含むリターンにご参加ください。無料コードを別途お配りします。

・イベント単体で申し込む
Doorkeeperページにて、お申し込みください。
ただし、料金は割高になり、随時ヴァージョンの試聴やフィードバック送信は不可、完成ヴァージョンもお受け取りいただけません。

-


(by Impact HUB Tokyo)

2016-09-28

Toshiyuki Yasuda: La pesanteur (MV)



Toshiyuki Yasuda: La pesanteur (MV)
[MEGADOLLY MDD1615]


mora

1. La pesanteur (MV)
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Takako Sato)
ⒸToshiyuki Yasuda, MCJP
from the album "Nameless God's Blue"

Dance: Eiichi Kimura
Movie: Shoko Ise
Produced: Toshiyuki Yasuda

Vocals, Piano, Celesta: Toshiyuki Yasuda
Vocals: Takako Sato (fantaholic)
Contrabass: Keiji Matsui
Viola: Izumi Kawamura

2015年2月にリリースされた安田寿之5thアルバム「Nameless God's Blue」は、ロボットが歌うブラジル音楽」「全曲モノラルのコンピレーション」「世界の童謡の電子音楽カバー」など、これまで強いコンセプトの元制作してきたスタンスを変え、主観を軸に生歌・ピアノを中心にした生楽器を用いシンガー・ソングライターのような楽曲をイージーリスニングやジャズのような雰囲気でアレンジした雄編であった。ドリーミィーなメロディーとピアノ、リラックスしつつも力強いドラム・ベース・ギター、息づくような弦楽器、煌びやかな鉄琴楽器が混じり合うLaid Back Musicは、人気を博した。
その中から、J-Wave Tokio 100でも6週にわたりエントリーした「La pesanteur」のシングル映像作品。ダンサーに京都のコンテンポラリーダンス界で活躍する木村英一、ディレクションにYMO、高橋幸宏、スティーブ・ジャンセンなどのMVやライブ映像なども制作してきた伊瀬聖子を迎え、「今までの自分では捉えられない程、美しく新しい世界が開ける」という曲のテーマを表現している。

Nameless God's Blue is Toshiyuki Yasuda's 5th solo album, released in February 2015. Apart from continuous elaborated concepts such as 'Brazilian music sung by a fictitious robot' or 'all monophonic compilation album' or 'electronic covers of world's children's songs', the album was comprised of the subjectivity, specifically consists of compositions of singer-songwriter feel and arrangements of easy-listening and jazz style, which should be bracing and profound masterpieces. The music itself was a laid-back music with dreamy vocals and piano, relaxed but mighty drums, bass and guitar, vibrant viola and noble glockenspiels.
This is a single movie release of 'La pesanteur' which appeared through 6 weeks on J-Wave's (a major radio station in Tokyo) chart, cut from the album. The movie is directed by Shoko Ise who has worked for music videos and live movies of YMO, Yukihiro Takahashi, Steve Jansen and etc, in which a contemporary dancer in Kyoto Eiichi Kimura is featured. The theme of the song 'The new beautiful world opens which can not be perceived by an old myself' appears in it.

2016-08-26

OUTATBERO: Towers - EP



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

OUTATBERO: Towers - EP
[shrine.jp SRDL063]


(exclusive)

1. Reduction
2. The Eye Goes Before a Fall
3. H.R.A.R
4. Reduction (Madegg Remix)
5. The Eye Goes Before a Fall (Metome Remix)



produce: OUTATBERO
recording ,mix down Koh Itou
mastering: Ken'ichi Itoi
photo: Fábio Petry



OUTATBERO:
Moto Onizuka、Yoshiaki Katou、Koh2、Takuto Ujiie、Yuta Hoshiの五人組。
カルト的人気ほ誇るオルタナティブ・トリオ「NUITO」が主宰するレーベル[Studio Nuito]より二作品、大阪のFLAKE RECORDS主宰のインディー・ミュージックの名門[FLAKE SOUNDS]より三作品をリリース。スペイン、イギリス、台湾等での海外公演も実施。
これまでに、Arto Lindsay、Jamie XX(THE XX)、Luke VibertやDeradoorian(ex. Dirty Projectors)等の先鋭的なアーティストと共演。ボーカル・鬼塚はJames BlakeとDan Foat率いるレーベル[1-800 Dinosaur]のジャパン・ツアーにDJセットで出演。ドラム・星は自身がSynth/FXを担当する「Dalljub Step Club」でTRAXMANとの共演やソロ・バンド・プロジェクト「WOZNIAK」において幅広いシーンで活動している。
2016年、新メンバーに「NOKIES!」の松本(Koh2)が加入し現体制となる。
そして本年8/26、ovalやAlva Noto、池田亮司など数多の国際的アーティストと共演してきた京都電子音楽界の重鎮、糸魚健一が主宰するエレクトロニカ・レーベルshrine.jpより新作EP「Towers」をデジタル・リリース。

Towers - EP:
エレクトロニクスの手法を深めた前作「up on somewhere」からさらにバンドの視線がダンス・リズムへ向けられ高密度なサウンドへ変化していったエキサイティングな時期であり、生々しいエクスペリメンタルな音像がバンド・カタルシスの増幅を示す重要作。

糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより。