2016-04-29

ingern: small universe



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

ingern: small universe
[shrine.jp SRDL061]


(exclusive)

1. jacob put on tiny hat
2. paddy field
3. little trip of express bus
4. a dense fog and telephone call
5. on horseback
6. small cosmic dust
7. _Bonjour_



produce: ingern
mastering: Twerk
photo: Fábio Petry



ingern:
1986年、宮城県出身。仙台在住。こども、おもちゃ、動物、自然などから日々感じるものを、何もない田んぼの真ん中から、独自の音楽とアートに表現/発信してゆくことを信条とする、若きアーティスト。
2010年、ドイツspontanMusikより"irregularity motions"をリリース。
2012年、自身のレーベル「omocha records」を設立し”shorty ep”をリリース。
2015年、カセットテープにて”The Little Melodies From My Tiny Friends”をリリース。

small universe:
ちいさな動物やちっぽけなおもちゃなどがあつまるちいさな世界を表現したアルバム。
マスタリングは、Force Inc / Mille Plateauxなどでお馴染みのTwerkが担当。
糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより。

2016-04-22

like many fathers do


普通父親がやるようなことをする。
音楽だけはオリジナルだ。
上着がデカすぎた。

2016-04-08

Soma Hayato: Hop



Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Soma Hayato: Hop
[ryoondo-tea DES043]


(exclusive)

1. Hop

Soma Hayato(ソウマハヤト)
2007年頃よりテクノやハウス、エレクトロニカといった電子音楽を基盤に活動を始める。2012年「春を待つカレーライス」を皮切りにon sunday recordingsのコンピレーションに楽曲を提供。2014年には米国Cold Fiction Musicより「made in bebe.」をリリース。以降クラブやライブハウス、ギャラリーや野外フェス等多様なシチュエーションでのライブパフォーマンスを行う。2015年京都法然院『electronic evening』初座に参加。2016年には京都のブランドSIONEの『聴くうつわ』HAREシリーズ、京野菜シリーズの作曲家として涼音堂茶舗制作陣の一翼を担う。日常生活の中で感じ取った色彩感や情景からのインスピレーション≪ゆらぎ・色彩・光≫を独自の解釈でメロディやリズムに反映構築する事を目指しており、どこか柔らかく懐かしい感覚を呼び起こす電子音楽を生み出している。

Hop:
三寒四温を感じつつ、少しづつ動きはじめる季節。季節の躍動と朧げな幻惑をテーマに新進気鋭のアーティストが綴る『Hop』。禅味溢れる涼音エレクトロニクスとおぼろげで幻惑的な風景をあわせもつ、繊細な季節の移り変わりを表現した四部作の第一作。

iTunes Storeのみで発売される涼音堂茶舗の新シリーズ1作目。レーベルの世界観から一旦「アルバム」という概念を解体展開し、iTunes Storeというメディアの特性を活かした方向で往年のラジオエディットやシングルリリースの意義を再考し一曲ごとリリース予定。

2016-03-18

ELECTROMANTIQUE - THE FINAL



MOODCORE presents ELECTROMANTIQUE - THE FINAL

会場:音楽実験室 新世界予約
日時:2016年3月18日(金) 開場:19:00 開演:19:30
料金:予約 3,500円/当日4,500円(+ドリンク)
出演:福間 創安田寿之YMCKヲノサトル(出演順未定)

電子音響とロマンティシズムの融合をテーマに様々なアーティストを紹介してきたショーケース「エレクトロマンティーク」第6回は、3月をもってクローズとなる音楽実験室新世界でのファイナル・イベント。これまでの出演者から4組が再び登場し、総集編にふさわしいステージを繰り広げます。

ラウンジ・テイスト漂う3人組の8bitミュージック・ユニットYMCK。ロボットボイスからアコースティックな楽曲まで多彩な表現を展開する安田寿之。繊細で耽美的な独自のサウンドスケープを紡ぎ出す福間創。電子音とムーディなラウンジ音楽の融合をめざすヲノサトル。それぞれのスタイルで表現する電子のロマンティシズムを、じっくりお楽しみください。

2016-02-26

Masaenomad: Packing and Unpacking



ARRANGEMENT & MIX(2. 失くしもの), MASTERING, Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

Masaenomad: Packing and Unpacking
[Strange temple records]



1. 君に会いに行くよ
Lyrics, music, all guitars, vocals, shaker by Masaenomad
Mixed by Masaenomad

2. 失くしもの
Lyrics, music, guitar, vocals by Masaenomad
Keyboards and beat programming by Toshiyuki Yasuda
Mixed and arranged by Toshiyuki Yasuda

3. Bicycle Man
Lyrics, music, all guitars, vocals, shaker by Masaenomad
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

4. Tokyo
Lyrics, music, all guitars, vocals by Masaenomad
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

5. Nomadの旅
Lyrics, music, acoustic guitar, vocals by Masaenomad
Additional chorus by Sanae
All Percussions by Yuki Ito
Pianica by Yasuyo Isano (from Dried Bonito)
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

6. The Prayer
Lyrics, music, rhythm guitars and vocals by Masaenomad
Additional electric guitars by Kei Takasugi
Mixed by Yutaka Taniguchi

7. 8 to 6
Lyrics, music, all guitars and vocals by Masaenomad
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

8. Neon
Lyrics, music, acoustic guitars and vocals by Masaenomad
Electric guitars by Kei Takasugi
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

9. Lullaby
Lyrics, music, all electric guitars and vocals by Masaenomad
Mixed by Masaenomad

10. Sheron
Lyrics, music, all guitars, shaker, vocals by Masaenomad
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

11. 欠けら
Lyrics, music, all guitars, vocals by Masaenomad
Beat programming by Yutaka Taniguchi
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi

12. Osaka Blues
Lyrics, music, acoustic guitar, vocals by Masaenomad
Harmonica by Shall
Mixed by Yutaka Taniguchi

13. 私が唄う理由
Lyrics, music, guitars and vocals by Masaenomad
Mixed by Masaenomad assisted by Yutaka Taniguchi


マサエノマド(Masaenomad)
Masaenomadことマサエは、1978年生まれのシンガーソングライター。ドラムと変則編成の2人組ユニット「茶飲み友達」で精力的に活動していた時期もあったが、2007年から会社員として勤めながらソロ活動を開始。普遍的な音と言葉をベースに、オーガニックなサウンドを作り出す。Nomadの様に彷徨いながら、伝えなければならない歌を探し、アコースティックギター一本と歌でマイペースにライブ活動をしている。

荷造りと荷ほどき(Packing and Unpacking)
2007年〜2015年に録音された、13曲入りのデビューアルバム。普段のライブと激しく乖離しないように作られており、彼女の曲作りの信念であるシンプルなサウンドと歌詞で構成されている。ゲストは下北沢で親睦を深めた素晴らしいミュージシャン:タカスギケイ、伊藤勇気、Shall、佐奈枝、DriedBonitoのヤスヨ。更に、Mastering全編と2曲目の「失くしもの」のMixとアレンジには安田寿之を迎え、新たなケミストリーを産み出す。「荷造りと荷ほどき」というタイトル通り、Masaenomadが詰め込んだストーリーをリスナーが受け取り荷をほどくことを意図している。

kafuka: Polyhedron



MASTERING (1. The Light), Distribution to iTunes Store by MEGADOLLY

kafuka: Polyhedron
[shrine.jp SRDL054]


(exclusive)

1. The Light
2. Suitcase
3. Array
4. Bargaining Point
5. Focal
6. Temptation
7. Along the River
8. Provide
9. Isolation
10. Malachite



produce: Eshima Kazuomi
mastering: Ken'ichi Itoi
photo: Fábio Petry



kafuka:
関西を拠点に活動するトラックメーカー。サンプリング、コラージュ、リプロダクトを軸にエレクトニック・ミュージックの新たな表現や世界観を探究している。
ビートミュージックからエレクトロニカを行ききする楽曲を展開し自身のギターサウンドや音響プログラミングなども取り入れたオリジナリティあるサウンドを表現している。
また、NTT[ICC]でのサウンドインスタレーション作品の展示や、iPhoneアプリなどメディアを用いた作品を展開する。
クリエイティブレーベル「Laatry」を立ち上げ、サンプリングベースによるコンピレーションのリリースなど活動は多岐にわたる。

Polyhedron:
それぞれの面に差し込む光の角度によって、見える印象が変わるもの。
強烈な印象よりも、捉え方に自由度を持っていること。
素材、サンプルをベースに楽曲へと発展させて行く手法。
聞き手の角度(聴き方)で変化する作品を意識しながらそれらを統合し、ベッドルームサウンドからダンスミュージックを行き来する。
丸く、淡いサウンドながら繊細でアグレッシブなビートで、レイヤー感、奥行き、立体的で多面的な表情を目指した音響作品。

糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpの、新しいフェイズの第一弾。

2016-01-22

NHK連絡ツールアプリケーション

NHK職員用連絡ツールアプリケーションの効果音を制作

Produced sound effects for NHK notification application