2018-04-27

Oriental Homeward: Sophie



Consulting and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Oriental Homeward: Sophie
[ryoondo-tea DES052]



(exclusive)

1. Train
2. Sophie
3. Cloud Wave 

2018年春夏の涼音堂茶舗新シリーズがスタート。テーマは涼音堂茶舗の原点「涼しい音楽」。流して涼しい季節の電子音楽が、Apple Music/iTunes Storeに続々登場します。第一弾は実に14年振りとなる、桑原美樹によるソロプロジェクト「オリエンタル・ホームワード」の「Sophie」。クラシック音楽へのアプローチを積極的に行い清涼感あふれる独特の美的音空間を形成してきたスタイルからアップデートされた2018年のオリエンタル・ホームワード、薫る風のごとく清廉なヴォーカル・ナンバー『Train』、涼しげに作家らしさが際立つタイトルチューン『Sophie』、夏の水の流れのようにいつま でも何度でも流していたいブレなき涼音アンビエント『Cloud Wave』の3曲からなる不滅の涼音。清涼感あふれるアートワークは、SNSを中心に絶大な人気を持つ岩倉しおりさんが担当。

2018-04-25

HARCO: BOOKENDS -BEST OF HARCO 2- [2007-2017]



ARRANGEMENT (synth)

HARCO: BOOKENDS -BEST OF HARCO 2- [2007-2017]
[P.S.C. UVCA-9000]

Amazon.co.jp


【CD】
01 カメラは嘘をつかない
02 Lamp&Stool
03 春のセオリー
04 電話をかけたら
05 親子のシルエット
06 口笛は春の雨
07 Monday Mornings
08 きょうの選択
09 風力発電の街
10 ゴマサバと夕顔と空心菜
11 ウェイクアップ! パパ!
12 文房具の音
13 BLUE×4
14 Two Tone
15 夏のヒーロー
16 南三陸ミシン工房のうた
17 ペンを置いたって
18 First Flight

20年の歴史を締めくくるキャリア2枚目のベストは、堀込泰行、カジヒデキ、山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明(GOMES THE HITMAN)、杉瀬陽子、河野丈洋(ex.GOING UNDER GROUND)とのコラボレーションソング、浜野謙太(ex.SAKE ROCK)、安田寿之、Adi Nadaなどの参加曲、YUKIへ提供した楽曲のセルフカバー、NHK「みんなのうた」に加え、初出しの未発表曲「First Flight」も含む全18曲を収録しています。

2018-04-06

ぐっと

中京テレビ「ぐっと」番組内の音楽を制作。

Produced music for Chukyo TV "Gutto".

2018-04-05

クレッペ



中京テレビ「クレッペ」番組内の音楽を制作。

Produced music for Chukyo TV "Cleppe".

2018-03-30

Swinky: Prototype



Mixing, Mastering, Keyboards, Consultancy and Distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Swinky: Prototype
[MEGADOLLY]




1. Lily of the Valley
2. Say What You Will
3. January
4. Taken Me Over
5. Nipe Asali
6. Heave Ho!
7. Mkokoteni
8. My Whole Life
9. Labyrinth
10. The Adventures
11. Nipe Asali Reprise
12. Kesho

Guitar (electric, acoustic): Takayoshi Muranaka
Drums, percussion: Kiyotaka Nishi
Bass: Mario Yamashita
Rap, rap lyrics: Jesse “Pyuu” Koester
Computer game sounds on 10: Toshiyuki Yasuda
Keyboard on 8: Esther Thirimu
Recording engineer: Iori Terada
Mixing and mastering: Toshiyuki Yasuda

Swinky (Esther Thirimu):
Swinky is a singer-songwriter from Nairobi, Kenya. She grew up listening to songs on the radio and sang to the grass outside, pretending it was an adoring audience. She currently lives and works in Tokyo, Japan.

ケニヤのナイロビ出身のシンガーソングライター。幼少期は、ラジオから流れる音楽をきき、熱狂する観客に見立てた草花に歌いかける少女であった。現在は、東京に拠点を置き活動中。

Prototype
Prototype is Swinky’s first full length album presenting songs in different styles that reflect her interest in all kinds of music. The songs are written in English and Swahili, with playful harmonies and themes touching on human experiences and emotions. The dominant sentiment throughout Prototype is hope. It’s a delightful romp through the psyche of a girl-turned-woman, an honest and satisfying listen from the first breath to the last note.

あらゆる種類の音楽への興味を反映した様々なスタイルの楽曲で構成された、スウィンキー初のフルアルバム。英語とスワヒリ語で歌われる各曲は、朗らかなハーモニーと有機的な体感や感情にふれるテーマを伴っている。アルバム全体に通底するのは、希望という情感。少女から女性に成長するワクワクした魂の表現であり、最初の息から最後の1音まで誠実で快いリスニング体験である。



cf.
Track 2, 9 on Toshiyuki Yasuda: Breaking the Silence (Version 10.3.3)
Esther Thirimu: Chrysalis

2018-03-27

NEW YAKUZA: NEW YAKUZA



Consultancy and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

NEW YAKUZA: NEW YAKUZA
[shrine.jp SRDL072]



(exclusive)

1. OJIKI NO KOYUBI
2. New Fuck
3. HARD POP
4. I Hate Sports
5. This is Shit
6. Are you a YAKUZA?
7. Fast-Hi
8. ABE



produce: NEW YAKUZA
painting: dagshenma
direction: Masayuki Nii
mastering: Ken'ichi Itoi
consultancy and distribution: Toshiyuki Yasuda



NEW YAKUZA:
1988年生まれ。
高校時代に宅録を始める。
2005年、銀杏BOYZの前座でステージデビュー。
弾き語り、パンクバンド、フレンチポップを経て、2017年、飲み屋で知り合った元陸上選手のオカマから貰ったSP-303でトラック作りを始める。

Anti romanticism.
I want to throw a raw egg on the ceiling in the crowded train.

2018-03-22

Coupie x Ozone Tamaki: Yuragi


Consultancy and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Coupie x 小曽根環: Yuragi
[ryoondo-tea]




1. ゆらぎ
2. ゆらぎ (seque)
3. 宵の波
4. 黄昏の刻
5. 慈雨
6. たゆたう
7. そよぐ
8. 暁の街
9. 回帰
10. twilight

Yuragi
海と山が横たわる都市・神戸を舞台として開催された芸術祭「港都KOBE芸術祭」へ出品された「yuragi」「shakkei」をはじめとする、木目がもつ自然界にひそむ「ゆらぎ」のリズムをテーマとする美術家・小曽根環のためにCoupieが書き下ろした音楽。2018年3月、銀座Oギャラリーにて開催される小曽根環 個展 -yuragi- にあわせて発表。

小曽根環
1960年神戸市生まれ。1984年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。木目が持つゆらぎのリズムをテーマに制作を続けて38年になる。技法はいろいろ変遷していて、最近では、透明のアクリル板に白いインクで木目を描き、透けて見える向こう側の景色をテクスチャーとして取り込む“shakkei”(借景)シリーズを展開している。

Coupie
2008年、仙台在住のcobiと石巻在住のyukkiにより結成。
アコースティック、クラシックギター、小物楽器やエフェクトを使用し、その空間、その「場」を音に紡ぎ上げて行くような独特の演奏法を展開。彼らの音楽はまるで会話のように展開し、場に溶けていくような音と評される。
2009年涼音堂茶舗より1st album『La Merodioj dela Orientnordo ‒ 東北からの旋律』をリリース。
2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災したことで、各々の生活が劇的に変化する。yukkiは郷土芸能支援に身を投じ、cobiは職人としても復興仕事に専念。復興活動の合間に電子音楽のイベントや、森繁哉+ドミニク・パルメ日仏合同作品『フクシマー痛むものの声』音楽など、様々な方面で活動。
2015年越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」にて森繁哉+涼音堂茶舗『藝能のはじまり』参加。
2016年に本格的にライブ、制作活動を復帰し、2017年に8年ぶりの新作『Trajno Fenestro ~ 車窓』(c/w “Kunsidoj de Rekomenco ~ 再始動”)をリリース。

2018-01-31

Baummusik: Snowfall Tokyo - Single



Consulting and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Baummusik: Snowfall Tokyo - Single
[ryoondo-tea DES051]



(exclusive)

1.Snowfall Tokyo
2.Snowfall Tokyo (Dreikönigstag)

冬の終わりは、東京に雪のふる季節。
東京の雪------それは冬が終わるしるし。冬場のドイツの田舎町の楽団をイメージした冬場の楽団による、東京のイルミネーションのBGMとして書き下ろした楽曲第二弾。アートワークはメンバーのAnselm Dästner(アンゼム・ディステナー)自らの筆によるドローイング。別ミックス「Snowfall Tokyo (Dreikönigstag)」とのc/wでiTunes Store/Apple Music限定発売。

2018-01-30

Masayuki Nii: Underneath the City of the Bloom



Consulting and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Masayuki Nii: Underneath the City of the Bloom
[shrine.jp SRDL071]



(exclusive)

1. Into Soil
2. Kitty George, Cassirer
3. Flying Bird Mountain
4. May We All Make It Home Safely



produce: Masayuki Nii
painting: dagshenma
mastering: Ken'ichi Itoi
consulting and distribution: Toshiyuki Yasuda



Masayuki Nii:
環境音楽家。ギタリスト。
アンビエント/ビート/電子音楽を制作。
演劇やダンス、映像作品への楽曲提供も行う。
パフォーマンスユニットSicke House所属。
2017年、NOGAWA kazune主宰のStuk LabelよりJomyak名義でAlbum『Gate』を発表。
ラップトップでの作曲・ライブと、ギターのアンビエンス即興演奏を織り混ぜて活動中。

Underneath the City of the Bloom:
2017年4月、滞在した東京の友人宅にて制作したという、ギターとシンセによるドローン+フィールドレコーディング作品。桜の花に包まれた街の風景。どこで何をして拾った音なのか、謎解きしながらおききください。

糸魚健一(サイセクス他)が主宰する京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより。

2017-12-22

Toshiyuki Yasuda: Breaking the Silence (Version 10.3.3)



SOLO ALBUM (6th)

Toshiyuki Yasuda: Breaking the Silence (Version 10.3.3)
[MEGADOLLY / Styrism MD1707]

Tower Records(ボーナストラック付き), CD Baby, Amazon.co.jp


Spotify, Google Play Music, Amazon Music

1. Breaking the Silence
2. Simba na shibli
3. Landfall
4. Invisible Rays
5. Good for All Frogs
6. On a Train to Mouli
7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet
8. Absencism
9. We're a Star and We Glow in the Night
10. The First Word



安田寿之6thソロアルバム。ポップ、先進的、エモーショナルという安田寿之の特徴である3要素を昇華しきったエレクトロニックミュージック。話題になったキユーピー株式会社株式会社トライテラスへのCM曲をリアレンジし、「Landfall」(3) や「Invisible Rays」(4) として収録。
2016年後半にクラウドファンディングサイトMotionGalleryにて実施された、アプリやソフトウェアのような概念でリスナーのフィードバックを活用する画期的な音楽制作手法「ヴァージョン・アップ・ミュージック」にて作られた初めての音楽アルバム。
「沈黙を破る」というアルバムタイトルには、人が話し出すまでの一瞬の沈黙のドラマ、人類が言語を獲得するまでの壮大な歴史(若干のアフリカンな雰囲気)、子供が初めて意味のある言葉を発するまでの成長、コンベンショナルな音楽業界への一石、などの意味が込められている。

Toshiyuki Yasuda's 6th solo album. The distinction of his works, that is, mixing of Pop / Advanced / Emotional sublimates characteristic electronic music. Including compositions for TV ads for Kewpie and Tri Terasu (3, 4) which affected people's attention when broadcasted.
The first music album produced by "Version Up Music" executed as a crowdfunding project by Toshiyuki Yasuda in 2016. It is a brand new music production method utilizing listeners' feedbacks like application or software.
The album title "Breaking the Silence" represents a dramatic silence between a conversation, a grand human history acquiring their first language (a slight African mood), the first word of a child, a stir into a conventional music industry and etc.


(Real wax stamps sealed.)

1. Breaking the Silence
(Music: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda

2. Simba na shibli
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Swinky)
Vocals: Swinky, All: Toshiyuki Yasuda


3. Landfall
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Jerker Rellmark + Sebastian Gullbrandson (Trombone))
Vocals: Sebastian Gullbrandson, All: Toshiyuki Yasuda


4. Invisible Rays
(Music and Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda


5. Good for All Frogs
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Nerve)
Vocals: san (antennasia), Additional Keyboards: Nerve (antennasia), All: Toshiyuki Yasuda


6. On a Train to Mouli
(Music: Toshiyuki Yasuda)
All: Toshiyuki Yasuda

7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet
(Music: Maurice Ravel)
All: Toshiyuki Yasuda

8. Absencism
(Music: Toshiyuki Yasuda)
Edits: Yasumasa Yamada + Akira Yamasaki (Denshi - Teishoku), All: Toshiyuki Yasuda

9. We're a Star and We Glow in the Night
(Music: Toshiyuki Yasuda, Lyrics: Swinky)
Vocals: Swinky, All: Toshiyuki Yasuda


10. The First Word
(Music and Lyrics: Toshiyuki Yasuda)
Heartbeats: Mario Yasuda, All: Toshiyuki Yasuda



Recorded, Mixed, Mastered: Toshiyuki Yasuda
Except
Vocals on 2 Recorded at monogram sounds: Toshiyuki Yasuda
Vocals on 3 Recorded at Trombone Studios: Trombone
Vocals and Additional Keyboards on 5 Recorded at Double Life Studio: Nerve
Heartbeats on 10 Recorded at 国立病院機構東京医療センター: Toshiyuki Yasuda

ⒸToshiyuki Yasuda
Except
2, 9 ⒸToshiyuki Yasuda, Esther Thirimu
3 ⒸToshiyuki Yasuda, Jerker Rellmark, Sebastian Gullbrandson
5 ⒸToshiyuki Yasuda, Nerve
7 ⒸJoseph-Maurice Ravel

Photos: Yusaku Aoki
Designed: Manabu Masuda (A-T-N) & Toshiyuki Yasuda
Printed: Asahi Seihan Printing co.,ltd.
"Version Up Music" Logo: Kazuhiro Nakazato

Produced: Toshiyuki Yasuda
Executive Produced: Toshiyuki Yasuda, Takayuki Morinaka (Styrism)
A&R: Koki Honmyo (Styrism), Tomonori Nishihara (Styrism)


This is the first title produced by “Version Up Music”, a new method to produce music presented by Toshiyuki Yasuda.



解説:COMPUMA(松永耕一)

安田寿之は、初期FPMへの参加を経て、数々のオリジナリティに満ちたコンセプチャルな作品(タワーレコード渋谷店5Fバイヤー時代の大きな展開など、今でもすぐに当時の売り場の光景が思い出されるほど印象深い「Robo*Brazileira」など)をリリースし続け、前作「Nameless God’s Blue」では、あのMockyにも通じるような、自らの歌とピアノを中心としたジャズ/室内楽的シンガー・ソング・ライティングもオーガニックに披露した。また、TV、CM、映画への音楽も多数手掛けながら、Towa Tei、Señor Coconut(Atom Heart)など、内外ジャンル問わず共作・共演も行う、まさに多岐に渡り活動するエレクトロニック・アーチストである。

約3年ぶりの今作は、クラウドファンディングを活用しリスナーの意見を取り入れながらアプリのように更新させる「ヴァージョン・アップ・ミュージック」という手法で制作された、彼ならではの時代性と先鋭性が合致する挑戦的な試みが実践された意欲作である。「沈黙を破る」というタイトルには、人が話し出すまでの一瞬の沈黙のドラマ、人類が言語を獲得するまでの歴史、子供が初めて意味のある言葉を発するまでの成長、コンベンショナルな音楽業界への一石、などの意味が込められているようだ。多彩でネクスト次元の実験的エレクトロニック・ミュージックの手腕がいかんなく発揮されながら、ポップスの普遍性にも真っ向から立ち向かった10編の音楽が記されている。

凛としたメランコリック・エレクトロニック賛美歌的で荘厳な「1. Breaking the Silence」で幕を開け、ケニア人シンガーSwinkyによるスワヒリ語の響きも美しいポリリズム「2. Simba na shibli」から、CM楽曲を発展させた潔癖なまでのエレクトロ郷愁ジャズファンク名曲「3. Landfall」へシームレスに繋がる。「旅を経た上陸」という意味のこのタイトルには、教科書で習う「西欧諸国が未開の地を発見する」というストーリーとは逆の、「アフリカで生まれた人類(2)が新大陸に渡る(3)」という史実が隠されているそうだ。

音楽の原体験として敬愛してきたという世界に誇るレジェンド電子音楽家、故・冨田勲へのオマージュであり、ラヴェルのソナチネをユニーク&キュートな電子音楽に変換した「7. Sonatine: II. Mouvement de Menuet」。TOMITA、YMOら先人達を経由し、現在から未来へと脈々と受け継がれていくであろう、日本独自の電子音楽のエキゾチズムが丁寧に謙虚に表現されていて、モーレツにグッときてしまう。

個人的にはクライマックスと感じる「9. We're a Star and We Glow in the Night」。彼の真骨頂のひとつであるブラジル音楽とコンピューター音楽の融合をより変態的に深化&進化させたフューチャーであり、バトゥカダの電子のリズムとコーラスがなんともイビツで心地よく、挿入される日本語ナレーションも効いている。

その余韻の中、エンドロールのような「10. The First Word」がゆっくりと始まる。自身の歌と共にお子さんの誕生する前の心臓の鼓動音も5拍子に交えて、未来への思いが子守唄のように優しく綴られたハーモニーとして調和され、「永遠の一瞬」を凝縮したドラマが静かに幕を閉じていく。



cf.
Spotify Japan
BARKS
VANITY mix
ナタリー
Tokyo's Coolest Sound
MusicVoice

サウンド・デザイナー2018年3月号