2020-01-29

これは経費で落ちません! DVD-BOX



SOUNDTRACK

これは経費で落ちません! DVD-BOX
[NHKエンタープライズ]

Amazon.co.jp

【キャスト】
多部未華子 重岡大毅(ジャニーズWEST) 伊藤沙莉 桐山漣 松井愛莉
韓英恵 角田晃広 片瀬那奈 モロ師岡 江口のりこ 平山浩行 吹越満 ほか

【スタッフ】
原作:青木祐子
脚本:渡辺千穂 藤平久子 蛭田直美
音楽:安田寿之
主題歌:阿部真央「どうしますか、あなたなら」
制作統括:管原浩(NHK) 坂下哲也(AX-ON)
プロデューサー:難波利昭 戸谷志帆梨 岡宅真由美
演出:中島悟 松永洋一 本多繁勝

多部未華子主演によるオフィスドラマのBOX。石鹸メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子。日々回ってくる領収書や請求書を彼女が精査すると、経費に関わった人々のあやしい事実や悩める人生までもが見えてくる。全10話を収録。

cf.
安田寿之: NHK ドラマ10「これは経費で落ちません!」オリジナル・サウンドトラック

2019-12-21

Yoshinori Aoki 2nd Tour “冬の大六角形” – Christmas Cruise To Yokohama –



Yoshinori Aoki 2nd Tour “冬の大六角形” – Christmas Cruise To Yokohama –

会場:横浜 山手ゲーテ座ホール
日時:2019年12月21日(土) 開場:17:30 開演:18:00
料金:前売:3,500円 当日:4,000円
出演:青木慶則 / Guest:石本大介、安田寿之、Otto(オットー)

1st EP「冬の大六角形」(6曲入り)とヨーロッパ企画のサウンドトラックを記念して、6つの都市を巡る青木慶則名義としては2度目の全国ツアーを開催します。その横浜編は、HARCO名義の時代から恒例となっている年に1回の「クリスマスライブ」。乗り物にちなんだタイトルは2014年から続いていて、今年は皆さんを船(豪華客船クルーズ!?)の旅にお連れします。

1st Albumのピアノも収録した山手ゲーテ座ホールでの公演は、この2年間ですでに3回目。新作2作のほか、1st Album「青木慶則」、HARCO時代からの選りすぐりのセレクトもお届けします。

ゲストにはHARCO時代からのサポートギタリスト・石本大介、HARCOのラストアルバムに参加した安田寿之(シンセサイザーなど)、そして青木が現在プロデュースを担当している、女性シンガーソングライター:Otto(オットー)を迎えます。さらに今回はクリスマスライブ恒例のスイーツ企画が復活。milky pop.のクッキーと、青木の直筆クリスマスカード、今回のツアーのご来場特典(後日発表)も、もれなく差し上げます。皆様のお越しをお待ちしています。



2019-12-18

安田寿之: NHK ドラマ10「これは経費で落ちません!」オリジナル・サウンドトラック



SOUNDTRACK

安田寿之: NHK ドラマ10「これは経費で落ちません!」オリジナル・サウンドトラック
[NHK Publishing, Inc. / IDEAL MUSIC LLC. NGCS1103]



Spotify
Amazon.co.jp

1. New Adventure
2. Swing Back Even
3. Chasing a Small Rabbit
4. Misbehavin'
5. Kirika Loves Rumors
6. Chasing a Fat Rabbit
7. Indifferent Justice
8. Robotic Accounting Terminology
9. A Little Secret
10. Windless Waveless
11. In Harmony
12. Doubting a Doubt
13. A Small Affair
14. Accident by Numbers
15. The Sign
16. New Adventure (Slow Piano Version)
17. Lamp in Your Heart
18. A Little Secret (Piano Version)
19. A Small Affair (Piano Version)
20. Silent Storm
21. Swing Back Even (Light Version)
22. Robotic Accounting Terminology (Bossa Version)
23. Lamp in Your Heart (Brighter Version)
24. New Adventure (Ambient Version)
25. In Harmony (Simple Version)
26. New Adventure (Piano Version)

多部未華子主演、2019年夏のNHKドラマ10「これは経費で落ちません!」オリジナルサウンドトラック。
元FPMで高コントラストな音楽性に定評のある安田寿之が担当。Swinkyが歌う爽快でエレクトロニックなテーマ曲「New Adventure」、ラグタイムや1920年代のジャズなどを下地にしたモダンイージーリスニング、ウィットと優しさを通底させた生ピアノ曲など収録。主人公・森若沙名子の朗らかな人生の一片が、ファニーさと上品さと共に描かれます。

Composition, Lyrics on 8, Arranged, Acoustic Piano, All Other Instruments, Programmed, Recorded and Mixed by 安田寿之
Vocals & Lyrics on 1: Swinky

Production Assistant & Artist Management: 森中崇之 白石成識(Styrism Inc.)
Mastering by 滝瀬真代 at M's disk mastering

Design by 原惇子(studio mimizuku)

CD制作:羽山治 米山里穂(IDEAL MUSIC LLC.)
CD制作協力:粕谷新 石崎晃子(NHK) 上田広志 池山賢 伊賀上千草(NHK出版)

【番組CAST & STAFF】
原作:青木祐子「これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~」
脚本:渡辺千穂 藤平久子 蛭田直美
音楽:安田寿之 

出演 :多部未華子 重岡大毅 伊藤沙莉 桐山連 江口のりこ 角田晃広 平山浩行 吹越満 ほか
制作統括:管原浩(NHK) 坂下哲也(AX-ON)
プロデユーサー:戸谷志帆梨(AX-ON) 難波利昭(AX-ON)
演出:中島悟 松永洋一 本多繁勝 
音響効果:石井和之
制作著作:NHK AX-ON

2019-12-14

青木慶則: 冬の大六角形



ARRANGEMENT

青木慶則: 冬の大六角形
[Symphony Blue Label SYBL-0003]



Spotify

1.冬の大六角形
2. ぼくときみの第六感
3. 明けゆく空に
4. ゴールドフィッシュ・サブマリン

5. 福寿草の花
6. ツリーに星をかかげて

せわしない日々を夜空に見立てて、冬の大六角形を心に描こう。
青木慶則の2枚目のオリジナル作品は、「冬」と「夜のくつろぎ」をテーマにかかげた6曲入りのEP。ピアノと歌のみのストイックな前作とは打って変わって、軽快なリズムトラックと、散りばめられた細かい電子音が印象的な一枚となっています。さらにゲストコーラスの女性たちや、青木の透明感ある歌声が、夜空の遠い彼方に住む星空へと聴き手を連れて行きます。

<参加ミュージシャン>
Synthesizer, Programming:安田寿之(M1〜4)
Electric Guitar:石本大介(M2〜6)
Chorus:乙川ともこ a.k.a. Otto(M2&5)
Chorus:常盤ゆう(M3&4)
Voice:榊原大祐(M4)

cf.
UROROS「青木慶則 EP『冬の大六角形』発売! 青木慶則×安田寿之×伊波真人 鼎談インタビュー」

2019-12-12

antennasia: Error Code : SFRN



Consultancy and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

antennasia: Error Code : SFRN
[Double Life Records DLCA-0007]




01. Sounds like Sunshine
02. Tapping on my Skin (Album Mix)
03. Beyond the Dust (Album Mix)
04. Dedicated to Saffron
05. Hate or Love
06. Dirt in Blue
07. Kaleidoscope in the Dark
08. Because It's Invisible
09. Carried Away by the Noise



all songs written by antennasia
vocals by san / tracks by nerve & san
mixed and mastered by Nerve
produced by antennasia

Error Code : SFRN
エラーコード SFRNが生成するグリッチとポップの狭間の世界。antennasia 20年目の通過点。
エレクトロニカ、ダブ、ロック、アンビエントなど、様々な要素を内包しつつも、実はどこにも属することのない音楽を作ってきたsan (vocal, track)、Nerve (track)によるユニット antennasia。その結成20周年にアルバム「Error Code : SFRN」はリリースされる。
世の中にも個人の思考や行動にも存在するエラーやグリッチをテーマにした本作は、ソング・ライティングに軸を置いた楽曲の比重が増し、sanのヴォーカルを中心に据えた重心の低いサウンドに、Klaus NomiやVisageなどの80sのニューウェーヴ/シンセポップのエレメントが加わったカラフルなアルバムとなっている。
シューゲイザーの要素も取り込んだ”Sounds like Sunshine"、アンドロイドによる贖罪の祈りをエレポップに乗せた"Tapping on my Skin”、力強いダブ・エレクトロ”Beyond the Dust”、食材・サフランの目線で書かれたミディアム・ソウル”Dedicated to Saffron”、知覚の変化を、密室的な音響からアンセムへの展開で表現した”Hate or Love”、パンキッシュなガラージ”Dirt in Blue”、暗闇の中の光を歌ったサイケデリック・テクノ”Kaleidoscope in the Dark"、自然の静謐とカーニヴァルの狂騒が交錯する"Because It's Invisible"、8分に及ぶシュールな小組曲"Carried Away by the Noise”。9つのピースで構成された外へと向かう力を感じさせるアルバムとなっている。一処に止まらないantennasiaが20年目にたどり着いた、もうひとつの通過点。

antennasia(アンテネイジア):
1999年、san(vo)とNerve(track)により結成。エレクトロニカ、ダブ、ポップなど様々な要素を内包した音楽性を展開。アルバム”Phased”(2002)がきっかけとなり欧州ツアーを行う。2005年、”Cinemice”発表。同年より坂本龍一氏の番組「RADIO SAKAMOTO」で楽曲が紹介され注目を集める。アルバム“23 Bluebird Street, Velo-City”(2006)には同氏がコメントを寄せている。2008年、Rob Smith、DJ3000、Embee (Looptroop Rockers)、D-Friedなどが参加したリミックス・アルバムを発表。メディアアート、ダンスなど、様々なフィールドのアーティストとのコラボレーションも行っている。2010年、アルバム”Qus-cus”をリリース。コンピレーション「ARTIST ACTION」(2011)、「坂本龍一トリビュート」(2012)などにも参加。以降も、リミックスEP "Re : Qus-cus”(2012年)、”Howling”(2013年)、デトロイトのDJ3000が主催するレーベル Mezéからの”Dragonfly EP”(2013年)、”Alter-Egoist”(2017年)とコンスタントに作品をリリース。”Error Code : SFRN”は9作目のオリジナル・アルバムとなる。

「音源と一緒に送られて来たメッセージに、今回はソングライティングに重きを置いた旨が記されていたのを目にした時、antennasiaの大きな魅力はどこにジャンプするか予測不能なsanのある種アノミーなボーカルにあると思っている僕は、正直「それはどうかな?」と心配したのだった。
が、そんな要らぬ心配は一聴して消え去った。
トラックの音色を含めて80’sエレクトロポップの要素がふんだんに盛り込まれた今作であるが、僕には80’sのポップなエレクトリック・ミュージックよりも、当時の音楽シーンの既存フォーマットを解体、分解して再構築することに通じたパンクのスピリッツに似たものが聴こえてくる。差し詰め、エレクトロ・パンクといったところか。
Nerveの、ソングライティングに重きを置いた新境地、というメッセージから安易に大衆音楽のソングライティングをイメージした僕だったが、実際にはクラシックのそれに通じる曲構成、編曲(ボーカルアレンジを含む)までを含めたソングライティングなのだろう。
楽曲を牽引する力強いsanのボーカルは不変ながら、たしかに新しいantennasiaがここにある。」
- 木村達司 (dip in the pool)

"Antennasia once again take the listener on a journey thru tapestries of soundscapes and multi-influenced genre shifters.
san's vocals and delivery reaches new plateaus over Nerve's epicurean handicraft."
(antennasiaは、またリスナーを連れてゆく。音風景のタペストリーと、複合的に作用するジャンル移動装置を通る旅へと。
sanの声と歌唱は、Nerveの美味な手工を超え、新しい地平に到達している。)
- Embee (Looptroop Rockers)

"antennasia delivers a well woven album from beginning to end. Soundtrack material from Nerve and san ranging from ethereal anthems to "Black Dog-esque" odd rhythms that leads into a Miami club at 8am afterhours. Threaded together by mixed vocal from San with hints of Macy Gray and rooted in polished Sendai Japan in 2030. Future Japan."
(antennasiaが、最初から終わりまで良く編まれたアルバムを届けてくれた。Nerveとsanによるトラックは、天上のアンセムから、マイアミのクラブの朝8時のアフターアワーズへと導くブラック・ドッグ風のリズムまで幅広い。それらは多様で、ほんの少しメイシー・グレイ風のsanのヴォーカルによって縫い合わされ、2030年の洗練された仙台/日本にルーツを持っている。フューチャー・ジャパンだ。)
- La Mano Fria (Sud Swap, Botanica1, Beta Bodega)

2019-12-10

Masahiko Takeda: Mitate



Consultancy and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Masahiko Takeda: Mitate
[shrine.jp SRDL080]




01. Expectation
02. Turquoise
03. For Senchado
04. IMAGES DU FUTUR
05. Pipeorgan Soundscape
06. Soundscape for 'War Song and Love Song'



Expectation *for BIEST Exhibition & Performance
Turquoise *composed by Antti Hevosmaa & Masahiko Takeda
For Senchado *performed with Simon Erin & Fumi Takenouchi
IMAGES DU FUTUR *written by Théo Casciani, designed by Cléo Verstrepen
Pipeorgan Soundscape *featuring Vesa Hoikka
Soundscape for 'War Song and Love Song' *for Yuju Chen Exhibition

produce : Masahiko Takeda
textile : Shigeo Oohi, Yasuko Oohi
picture : Genta Hisada
artwork direction : Kosuke Kinoshita
support : Masayuki Nii
mastering : Ken'ichi Itoi
consulting, distribution: Toshiyuki Yasuda



Mitate
コンテンポラリーダンサー、ファッションブランド、文筆家、現代アート作家、ミュージシャンなどとコラボレーションし発表した作品のアーカイブが収録されている。「制作の多くの時間を調査、ヒアリング、インタビューなどコンセプト設計に費やした」という今回のアルバムは、全体を通じてシンプルな電子音と環境音で構成されている。それぞれの音に対し有機的に機能性を持たせることで、音楽性とドキュメンタリー性の共存が表現されている。

武田真彦
1987年京都出身。京都・大阪を拠点に活動する電子音楽家。同志社大学商学部卒業、Central Saint Martins Couture Tailoring修了。バンドVelveljin、電子音楽ユニットRexikomとしての活動を経て、ソロでの作品制作とパフォーマンスを行う。音楽レーベル [Récit][MYTH][pluie/noir]よりEP、Remix、Podcastなどを発表。2019年、[shrine.jp]よりフルアルバム「Mitate」をリリースする。現在、京都西陣織「大樋の黒共」を用いたインスタレーション作品を制作している。これまでNuit Blanche Kyoto、Kyoto Experiment、KYOTOGRAPHIE、graf、Magnum Photography Workshop、京都市芸術大学ギャラリー@kcua、京都芸術センター、十和田市現代美術館、安楽寺、ロームシアター京都等とアートプロジェクトを行い、国際芸術祭やイベントに参加。インスタレーション作品をはじめコンテンポラリーダンスやパフォーマンス、映像、日本の伝統文化のための音楽制作を行っている。

2019-12-01

「ピース・ニッポン」リリース



LICENSED (from "Nameless God's Blue")

中野裕之監督「ピース・ニッポン

Blu-ray
DVD
HD
Prime Video

5thアルバム「Nameless God's Blue」より3曲提供した、中野裕之監督「ピース・ニッポン」がリリース。
Ironic Dance (Piano Solo Version)
Don't Think It's to Be Down (Vocal-less Version)
Journey's End in the Eastern Evening Sky

8年もの歳月をかけてその場所が最も輝く瞬間を追い求め、全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した日本が主役のドキュメンタリー映画。日本人の精神を歴史とともに紐解いていく「日本人の精神」、季節の美を巡る「日本の四季」、日本列島を南から北へ、奇跡のような瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」の3部構成。日本を知らないこどもたちと、日本を忘れかけた大人たちに。

2019-11-29

Aroma Yoga OUSIA Sound Section: Yoga Deep Relaxation Sound



Consultancy and distribution to iTunes Store/Apple Music by MEGADOLLY

Aroma Yoga OUSIA Sound Section: Yoga Deep Relaxation Sound
[OUSIA]



(exclusive)

1. Pranayama(癒しのハンドパンの音色)
2. ZEN(心整える純正律のガンクドラム)
3. Akasha(睡眠導入ヒーリングサウンド)

Yoga Deep Relaxation Sound
ヨーガの時間、寝る前のリラックス、作業に集中したいときに使える癒しのアンビエント。
極力、楽器の生演奏の音に近づけるため、バイノーラル録音方法と編集を取り入れている。そのため、目の前でディジュリドゥ、口琴、ハンドパンなどの音が目の前にあるかのように、空気の揺らぎやライブを感じ取れる作品となっている。また、純正律だからこそナチュラルなゆらぎとして響く音色は、私たちの細胞の分子レベルで共鳴し癒してくれる。

Aroma Yoga OUSIA Sound Section
Composed, Director: Ayano (OUSIA)
Hang Drum: 田辺響
Programming, Synthesizer: 新垣尚久
Recording Engineer & Guitar: Yotoku Kobayashi
Didjeridu, 口琴: Kagelow

2019-11-19

「スマイルゼミ スマイル・クリスマス篇」CM

株式会社ジャストシステム「スマイルゼミ スマイル・クリスマス篇」CM音楽を制作

Arranged for Just Systems Corporation "Smile Zemi" CM

2019-11-06

Towa Tei: Arbeit



Co-ARRANGEMENT

Towa Tei: Arbeit
[Columbia COCB-54289-90]

Amazon.co.jp

Disc-1
01.「UCHUJIN」KOJI12000
02.「SHONEN B」ITSUJI ITAO
03.「NOW ROMANTIC」KOJI1200
04.「DRIVE」KYOKO KOIZUMI
05.「2AM」MIHO KARASAWA
06.「BRIGHTER THAN SUNSHINE」LEE JUNG HYUN
07.「PAC IS BACK!」TOWA TEI

08.「CHATR-GERMAN VERSION」TOWA TEI
09.「BUTTER」MIYAKO KODA
10.「WARAU ONNA」HI-POSI
11.「DAINIPPONJIN」TOWA TEI
12.「SLOW IS BEAUTIFUL」TOWA TEI WITH KUMIKO ASO
13.「WHAT IS COCONUT?」SENOR COCONUT
14.「DONE BY THE FORCES OF NATURE」JUNGLE BROTHERS
15.「KICK & LOUD」GEISHA GIRLS
16.「SUISEI FEAT.ONOMATOPE DAIJIN」TOFU BEATS

Disc-2
01.「TINY GIRL」SHACHO MOUSE
02.「CATHY」PIZZICATO FIVE
03.「BE A SUPERMAN」YMO
04.「TURN TURN」SKETCH SHOW
05.「MURASAKI☆SUNSET」KIRINJI
06.「ORANGE」BONNIE PINK

07.「MORE FUN-KEY-WORD」SCHADARAPARR
08.「MIRRORBALL SATELITE 2012」M-FLO
09.「BOYFRIEND」AYUSE KOZUE
10.「HEARTBEAT, HEARTBREAK」SHIHOKO HIRATA
11.「BOKUWASHIAWASEDATTA」MOONRIDERS
12.「LES CERFS VOLANTS」BENJAMIN BIOLEY
13.「SUPER FREAK」KAHIMI KARIE
14.「ATASHI WA KOKO YO」CHARA
15.「NINGYO」NOKKO

TOWA TEIの“外仕事”といわれる自身のプロデュース、リミックスなどを含めた作品集。
GEISHA GIRLS「Kick & Loud」、KOJI1200「ナウロマンティック」やJUNGLE BROTHERS「Done By The Forces Of Nature」など国内外含めた豪華アーティストのボーカル楽曲、コンポーズ・ワークスも収録されたアルバムでコアファンはもちろん、全ポップミュージックファン必聴の内容。